eye.jpg

CDレビューカテゴリの記事一覧

豊崎愛生さん『Love letters』ジャケットなど表面

【 みかずきの個人的総評 】
楽曲 : ★★★★☆ / 音質 : ★★ / 状態 : 優


 9月25日(水)にリリースされた、豊崎愛生さんのセカンドアルバム、『Love letters』。発売から時間がたってしまいましたが、じっくり聴き込んでみての感想を書きたいと思います。

 ファーストアルバムに続き、ほっこりできる楽曲が多いのですが、今作はそんな中にちょっぴり辛い曲(!?)もあったりして、新しい一面も聴くことができますよ。

続きを読む

『アイカツ!の音楽!! 01』ジャケット表面

【 みかずきの個人的総評 】
楽曲 : ★★★★ / 音質 : ★★☆ / 状態 : 優


 TVアニメ『アイカツ!』のオリジナルサウンドトラック 『アイカツ!の音楽!! 01』が、本日ついに発売されました〜! バンザイっ!

 どれもこれも、アニメではお馴染みの曲ばかりなのですが、画面がないだけで随分印象の変わるものがあって、新しい表情を知ることができましたよ。

 では、さっそくレビューしてみたいと思います!

続きを読む

『MK-CONNECTION Mk-I』ジャケット表

【 みかずきの個人的総評 】
音質 : ★★★ / 楽曲 : ★★★☆ / 品質 : 優


 金月真美さんと國府田マリ子さんのユニット、「MK-CONNECTION」のデビューカバーアルバムである『MK-CONNECTION Mk-I』。

 「ハレ晴レユカイ」や「only my railgun」といった名曲たちを、お二人の歌声でカバーしているという、かなり贅沢な作品です。


 どの楽曲も、原曲より疾走感を若干抑えるアレンジとなっており、お二人の歌声をより活かす方向へと振られているように感じました。個人的には、これはこれで“あり”だと思います。

 一方、残念だったのは、メロディーラインをも原曲から変えてしまっているところがあった点。これも、お二人の歌声を活かすためだとは思うのですが、メロディーは“肝”だと思っている私にとって、一部の楽曲は聴いていて苦痛に感じる部分も。

 ともあれ、収録されているすべての楽曲は、『Symphony No.5』さんの公式サイトで試聴ができますので、みなさんのお耳に合うかどうか、ご自身でご確認いただければと思います。


 そして、ひさびさの音質レビューでございます。

 勝手に「音質は悪いだろう」と想像していたので、思っていた以上に見通しがよくてビックリ。曲によっては、ドラムが出しゃばりすぎている感もありますが、それによって、土台がしっかりして安定感が増しているのかな、と思えなくもないかなぁ、と。

 「SHOOT!」と「ハナノイロ」の2曲は、何故かボーカルが埋もれ気味なのですが、他の4曲に関しては、しっかり前に出てきていましたので、聴き難さはあまり感じませんでした。

 欲を言えば、音場がもっと広ければなぁ、とは思いますが、このレベルであれば十分平均点には達しているといえるでしょう。


 この作品、私からすると、「お二人の歌声で最新のアニソンが聴ける」というだけでも、買う価値のあるものだと思うんですよ。

 味気ないジャケットが、ともすると購入意欲を削いでしまうかもしれませんが、そこで躊躇せず、何はともあれまずは試聴してみてください。

 聞き慣れているはずの楽曲が、新たな命を与えられたかのように、別の輝きを放っているのを、きっと見つけることが出来るはずですから――。


『MK-CONNECTION Mk-I』ジャケット裏


『Symphony No.5』 (Symphony No.5 公式サイト)
『Mami Kingetsu Official WebSite』 (金月真美さん公式サイト)
『天晴!日替わり定食』 / 國府田マリ子さん


Amazonアソシエイト

『i Love』 / azusa

『i Love』ジャケット表面

【 みかずきの個人的総評 】
音質 : ★★★★☆ / 楽曲 : ★★★☆ / 品質 : 優


 TVアニメ『アマガミSS』のオープニングテーマ「i Love」を収録した、azusaさんのデビューシングル。

 タイトルチューンの他に、「単純明快!」「ひみつの部屋」の2曲と、「i Love」のインストヴァージョンも収録されています。


 「i Love」は、「愛してる」という言葉がストレートに表現されているライトでポップなナンバーで、azusaさんの透明な歌声とも相まって心地よく耳へと歌が届きます。アニメの世界観にもマッチしていて、とても素敵な楽曲です。

 また、「単純明快!」「ひみつの部屋」も「i Love」同様比較的軽めの楽曲で、スッと耳に馴染む良さを持っています。3曲を通して聴いてみると、azusaさんの音楽の方向性のようなものが感じられますね。


 そんな『i Love』ですが、音質が良くとても気持ちよく聴くことができます。

 余裕はないものの、Dレンジに窮屈さは感じませんし、高域が若干物足りない気もしますが、fレンジもそこそこ広く、S/N感も良好。上下左右方向への広がりはほどほどですが、きちんと奥行きが表現されているのは好印象。

 ヴォーカルやドラムは直球で音が飛んでくるのですが、突き刺さるほど「痛い」という感じはありませんし、各楽器ともきちんと定位しているので、音が団子になることもありません。

 諸手を挙げて「優秀録音盤に認定」というわけではありませんが、ここ最近私が購入したヴォーカル物の中では良好な音質だったこともあり、半分おまけで優秀録音盤のひとつに加えさせていただきます。


 ちなみに、品質も問題なく「優」評価。

 シングルながらケースもしっかり厚いものを使っているので、安心して取り扱えるのがよいですね。


 「軟水系シンガーソングライター」と謳われるazusaさんの楽曲と歌声は、聴いていると体の隅々まで染み渡り癒される魅力があります。

 ――クセになる「美味しさ」を味わえる「一品」です。


裏面はとてもシンプル


『azusa official website』 (azusaさん公式サイト)
『PONY CANYON』 (ポニーキャニオン公式サイト)
「azusa:i Love」


今回取り上げた作品

『Devotion』 / 伊藤 静

ジャケット表面

【 みかずきの個人的総評 】
音質 : ★★★★ / 楽曲 : ★★★★★ / 品質 : 優


 伊藤静さんのファーストミニアルバム『Devotion』。全6曲を収録したCDに加え、「ラストオーダー」のPVが収録されたDVD付きの2枚組みとなっています。

 いまさらのレビューになってしまいましたが、このCD、ミニアルバムとはいえ「捨て曲」がないのが素晴らしい! どの楽曲もシングルとして切り出しても、全然問題ない出来です。


 さらに、私がこのミニアルバムに好感を抱いている理由のひとつが、最近流行の「無理矢理ファルセット」をまったく使っていないということ。

 意味なくファルセットを多用する最近の楽曲とは一線を画していますが、それでもオリジナリティに欠ける部分はひとつもなく、むしろそれによってオリジナリティが増しているとさえ感じます。

 やはり無理のない音域で歌っているほうが自然で、聴いてて違和感がないので、私は好きですね。


 曲調は、バラード成分が多めで、どちらかというと、しっとりと雰囲気に身をゆだねる感じの楽曲が多く収録されています。

 中でも私が好きなのが、PVにもなっている「ラストオーダー」。どことなく、植田佳奈さんの『かないろ』に収録されている「ドライカレー」を想わせる楽曲なのですが、サビでグッと胸にくるこの感覚、本当に心が震えます。それがクセになって何度も聴いてしまう――。まさに傑作だと思います。


 楽曲も最高なのですが、音質もかなり良好です。

 アルバム全体を通してS/N感が良好で、Dレンジ、fレンジともそれなりに広く、左右に自然に広がる音場もこの作品の雰囲気を盛り上げてくれます。

 ただ、若干低域を持ち上げ過ぎに感じたのと、音の分離、そして奥行きがもう少し欲しいと感じたので、優秀録音盤には届きませんでしたが、ここ最近のヴォーカル物としては十分な音質だと思います。

 欲を言えば、静さんのヴォーカルがストレートに耳に届くのではなく、他の楽器群からふわっと自然に浮き上がってくれると、さらによかったかなぁ、と。


 最後に品質評価ですが、こちらもまったく問題なしです。

 ブックレット、CD、DVDともに汚れやホコリもなく、安心して手にすることが出来ました。


 最初にも書いたように、どれもシングルとして通用するレベルの楽曲ばかりです。ハードな楽曲は収録されていないので、そういった曲を求めると「ハズレ」と感じてしまうと思いますが、バラードが好きな方には文句なくオススメできます。

 伊藤静さんのファンであれば、DVDのメイキングで存分に静さんを堪能できますし、音楽面、映像面の両面から楽しむことのできる一品ですので、ぜひその世界を味わってみて下さい。


 ――最高の満足を得られる作品が、ここにあります。


裏面も雰囲気たっぷりです


『静◇呑んだくれ日記』 / 伊藤 静さん
『MellowHead Official Site』 (MellowHead 公式サイト)
「伊藤 静『Devotion』」


今回取り上げた作品

『Now loading...SKY!!』 / スフィア

限定生産盤スリーブケース表面

【 みかずきの個人的総評 】
音質 : ★★☆ / 楽曲 : ★★☆ / 品質 : 優


 スフィアの5htシングルとなる『Now loading...SKY!!』、略して『ナウスカ』。

 タイトルチューンの「Now loading...SKY!!」は、TVアニメ『あそにびいくヨ!』のOPテーマに、そして「かってな成長期」は、PSPとPS3のゲーム『剣と魔法と学園モノ。3』のOPテーマになっています。


 どちらも「夏っ!」という感じの爽やかな楽曲で、特に「ナウスカ」は、どこまでも抜けるような青空とキレイに透き通った海を連想させる一曲。

 個人的には、もっと抑揚のある楽曲が好みなので、今回の楽曲たちは琴線には触れなかったのですが、夏にはピッタリな曲調ですので、ともかく公式サイトにて試聴してみてくださいませ。


 次に、音質に関してですが、どちらの楽曲もレンジが狭く、しかも音が中央に集まってしまっているので、空間的な広がりが感じられず、ちょっと残念な仕上がりです。

 ヴォーカルはそれほど悪くはないと思うのですが、如何せん音に広がりがないので、せっかくの爽快な楽曲が音質のせいで窮屈になってしまっているように思います。

 しかしながら、限定生産盤のDVDはCDとはかなり音の傾向が違い、横方向に音の広がりが出てレンジもそれなりに広いので、音質を気にされる方には限定生産盤をオススメします。


 最後に、いつもの品質評価ですが、まったく問題ありませんでした。

 やはり新品のCDやDVDが汚れていたのでは気分も悪くなるというもの、これからもこの品質を維持していただきたいですね。


 これからの季節にピッタリな楽曲が詰まっている『Now loading...SKY!!』。この夏のお供に、一枚お手元に置いておくのも良いのではないでしょうか――。


こちらはスリーブケース裏面

CDケースの表はこんな感じ

裏はスリーブケースと同じデザイン


『Pl@net sphere』 (スフィア公式サイト)
『GloryHeaven official website』 (GloryHeaven 公式サイト)
『ミュージックレイン』 (ミュージックレイン公式サイト)


今回取り上げた作品


【 総評 】
音質 : ★★ / 楽曲 : ★☆ / 品質 : 可


 2007年にWebラジオ「マリア様がみてる」で配信されたクリスマスソングと新曲4曲を収録した、『マリア様がみてる』のクリスマスボーカルアルバム。

 「サンタが町にやってくる」や「きよしこの夜」などのクリスマスソングを、キャストのみなさんが英語の歌詞のままで歌い上げた、クリスマスのための一枚です。


 楽曲自体はどれも馴染みのあるものばかりなので、それに関しては特に取り上げる必要はないかと思うのですが、問題はそのアレンジ。どの楽曲も「これ」という聴きどころがなく、物足りなさを感じました。

 以前、このブログでもご紹介した『ときめきメモリアル FANTASTIC クリスマスパーティー』の「きよしこの夜」のような、聖夜の雰囲気を盛り上げる荘厳なアレンジもあるかと期待していたのですが、どの曲もオーソドックスなアレンジばかり。

 これだけ無難にまとめるのであれば、せめて教会の雰囲気を味わえるような、そんなアレンジの楽曲がひとつくらいあってもよかったのではないでしょうか。


 一方、音質に関しても微妙といわざるを得ません。

 全体的にレンジが狭く、見通しもそれほどよくありませんし、どことなく音がこもってしまっているような印象。かろうじて、ヴォーカルが素直に出ているかな、というレベルです。

 ただ、そのヴォーカルも非常にドライな音なので、「聖夜」というイメージからは、かけ離れてしまっているような気がします。ジャケットも雪の中に志摩子が立っている絵なわけですし、もっと「クリスマスらしさ」を感じられるような、ウェットな音に仕上げてもよかったのではないかと思いました。


 さらに、今回は品質面でも問題がありまして、開封した時点でブックレットの端が結構折れ曲がっておりました。せっかくのCDなのですから、ブックレットの扱いにも気を配っていただきたいものです。

 ちなみに、盤面にはホコリもなく、非常に良好だったことを付け加えておきます。


 このクリスマスアルバム、声優さんの英語を堪能するにはうってつけなのですが、それ以上の魅力が感じられません。というか、池澤春菜さんの英語が、唯一の聴きどころかもしれません。

 ジャケットやカード以外にも、『マリア様がみてる』の世界観が感じられるような、そんなアルバムに仕上がっていれば、また違った楽しみ方も出来ると思うので、次からはそのあたりも工夫していただけると嬉しいのですが――。


『マリア様がみてる』 (アニメ公式サイト)
『FRONTIER WORKS』 (フロンティアワークス公式サイト)


Amazonアソシエイト

『Silly Walker』 / 鷲崎 健

【 総評 】
音質 : ★★★ / 楽曲 : ★★★ / 品質 : 優


 幅広い分野で活躍されている鷲崎健さんの、待ちに待った待望のソロアルバム。


 このアルバムは、バンドアレンジの楽曲が多く、アコースティックでゆるやかな曲も含まれておりますが、全体的にアップテンポでノリのよい曲たちで構成されています。

 ボーナストラックを含めると、全部で12曲収録されているのですが、どれもこれも鷲崎さんらしい楽曲ばかり。すんなりエンディングに向かうかと思いきや、その手前で同じフレーズをくどいくらい繰り返したりするのも、鷲崎さんならでは。


 そんな楽曲の中でも、私が一番気に入ったのが、この作品唯一の弾き語りである、ボーナストラックの「娘よ」。娘がいるわけでもないのに、何故か妙に共感してしまって、涙ぐんでしまいました。

 ついでに言ってしまうと、この曲を聴くと「もっと弾き語りが聴きたい」という衝動に駆られるわけですが、それはまた別の機会に期待ということで。


 さて、音質に関してですが、今回は思いのほか悪くありませんでした。

 アルバム全体を通して低域をブーストし過ぎな感は否めないものの、S/N感や解像度は良好で、各レンジもそこそこ。クリアな音が濁ることなく出てきますし、ヴォーカルがバンドの演奏に埋もれることもありません。

 欲を言えば、終始前面に張り付いている楽器群にもう少し奥行きがあればなぁ、とは思いますが、迫力を演出するのには仕方のない音場作りなのかもしれませんね。


 最後に。

 品質面はまったく問題なく、とても気持ちよく聴くことが出来ました。どのメーカーさんも、このくらいの品質を保っていただけると嬉しいんですけどね。


『株式会社アトミックモンキー』 (アトミックモンキー公式サイト)
「=Silly Walker= of Atomic Monkey Music」


Amazonアソシエイト

『motto☆派手にね!』 / 戸松 遥

【 総評 】
音質 : ★☆ / 楽曲 : ★★★★ / 品質 : 優


 TVアニメ『かんなぎ』のオープニングテーマである「motto☆派手にね!」と、カップリングの「シアワセサガシ」を収録した、戸松遥さんの2ndマキシシングル。

 私が購入したのは「通常盤」ですが、DVDと8ページのブックレットが付いた「初回生産限定盤」と、「motto☆派手にね! TV EDIT」が収録され、16ページのかんなぎ特製イラストブックが付いた「かんなぎ盤」も、同時にリリースされています。


 OPアニメも大好評な「motto☆派手にね!」は、明るくノリノリなアイドルポップス。ブラスのアレンジがとても気持ちよく、ついついオケに聴き入ってしまうとかしまわないとか(笑)。

 対する「シアワセサガシ」は、ゆったりと聴けるミディアムテンポなナンバー。こちらもブラスが特徴的ですが、タイトルチューンとは違った雰囲気を味わえる一曲です。


 さて、冒頭の評価でお分かりかと思いますが、音質はかなりひどいです。

 「motto☆派手にね!」は、各楽器が中心付近に集まって鳴っているのですが、それが団子になって混ざり合ってしまうので、音が重なれば重なるほどグチャグチャな状態。さらに、ヴォーカルとブラスが耳に突き刺さるような音で、繰り返し聴くのはちょっと遠慮したいと思うほど。

 「シアワセサガシ」では若干耳当たりがよくなり、音場も左右方向へは広がるので、少しは「聴ける」音になるのですが、それでもヴォーカルは耳に刺さりますし、レンジの狭さは相変わらず。バスドラは前に出ていて、いい感じなんですけどね。


 今回、あまりにも音が悪いと感じたので、同じ神前暁さんが作・編曲された、悪名高き(?)『もってけ!セーラーふく』と聴き比べてみたのですが、確かに音質は悪いものの、こちらのほうが聴き疲れしませんでしたし、好感の持てる音作りだと感じました。

 また、参考までに『プレパレード』とも聴き比べたのですが、各レンジの伸びやヴォーカルとオケのバランス、奥行き感など、あらゆる面で『プレパレード』の圧勝。『motto☆派手にね!』の評価をさらに下げる結果となったのでした……。


 音質は散々でしたが、品質は文句なしの「優」。マキシシングルながらアルバム仕様のケースということもあり、盤面は非常にきれいな状態で保たれておりました。

 マキシシングルのケースに関しては、スペース効率が多少悪くても、扱いやすさやホコリの付きにくさなどのメリットが多いので、10mmケースのほうがありがたいです。


 楽曲は素晴らしく、何度も聴きたくなるCDであることは間違いないのですが、だからこそ、音質が悪いのが残念でなりません。アルバムなりに収録される際には、少しでも改善されることを祈るばかりです。


『戸松遥』 (ミュージックレイン版公式サイト)
『戸松遥 OFFICIAL WEBSITE』 (Sony Music 版公式サイト)
『Sony Music Online Japan』 (Sony Music 公式サイト)


Amazonアソシエイト



『雨が降る』 / 坂本真綾

【 総評 】
音質 : ★★★★☆ / 楽曲 : ★★★☆ / 品質 : 良


 『鉄のラインバレル』のエンディングテーマ「雨が降る」と、カップリングの「プラリネ」、及びそのピアノヴァージョンを収録したマキシシングル。


 「雨が降る」はストリングスが基調のバラード、「プラリネ」はライトなテイストのポップスと、両者で曲調は違うものの、どことなく切なさを感じさせる、そんな楽曲に仕上がっています。

 前作『トライアングラー』とは違い、今作は再び菅野よう子さんの手から離れたわけですが、どちらの楽曲も違和感なく受け入れることが出来ました。


 そんなこの作品は、久々となる「優秀録音盤」認定CD。音質を気になさる方にも、ぜひ聴いていただきたい一枚です。

 「雨が降る」のS/N感は抜群で、楽曲全体の見通しが非常によく、暖かな空気感を伴った音が淀みなく左右に広がり、その中央に坂本真綾さんのヴォーカルがくっきりと浮かび上がります。ワイドレンジではないものの、程よく鳴る低域とボリュームのある中域、ささやかな彩を添える高域のバランスが整っているので、不満に思うことはありません。

 それよりも、ヴォーカルをオンマイクで録音したためでしょうか、サ行がキツく感じられる場面が多いことのほうが気になりました。そこが解消されれば、もっと気持ちよく聴けるだけに残念。さらに欲を言えば、音場がもっと上下方向にも広がってくれたら最高なんですけどね。

 「プラリネ」になると音の傾向が若干変わり、オケがクリアで力強くなる一方、ヴォーカルは少し曇り気味に。低域はこちらのほうが伸びてはいますが、バスドラなどはタイトになっていますので、曲調に合わせた音作りがされていると見るのが妥当でしょうか。

 ともかく、音質の心配なしに安心して聴けるCDだと思いますので、興味のある方は一度お手に取ってみてはいかがでしょう。


 最後に。

 ビクターさんのマキシなので、まったく期待はしていなかった品質ですが、やっぱりホコリが多いですね。楽曲、音質のレベルが高いだけに、こういったところで満足度が下がってしまうのは、とてももったいないと思うのですが――。


『I.D.』 (坂本真綾さん公式サイト)
『flying DOG』 (flying DOG 公式サイト)


Amazonアソシエイト

このページの先頭へ

プロフィール

管理人:みかずき

 声優ファン歴約15年。比嘉久美子さん、藤村歩さん、金元寿子さんを愛しています。オーディオ歴、クルマ歴も同じくらいです。

 そんな管理人の生態は、Twitter(@mikasuky)にて詳しくご覧いただけます。

 ブログの更新は、主に平日に行っています。気ままに運営していますので、温かく見守っていただけると嬉しいです。

ブログ記事検索

最近のコメント

Powered by Movable Type 5.2.7