eye.jpg

AGVV話題全般カテゴリの記事一覧

 嵐の前の静けさとは、まさにこのこと――。


 5月9日~11日付のオリコンシングルデイリーランキングでは、ひっそりと息を潜めていた『涼宮ハルヒの憂鬱』EDテーマ、『ハレ晴レユカイ』。

 しかし、12日付の同ランキングでは怒涛の追い上げをみせ、実に16ランクアップの2位に急浮上!!


 品薄だったショップの補充効果なのか、『ハルヒ』効果なのか、はたまた、口コミ効果なのかはわかりませんが、ここにきて一気に追撃体制に入りました。

 昨日までのランキングを見る限りでは、正直TOP3に入ることすらままならないんじゃないか、とさえ思える状況だっただけに、嬉しい誤算といえるでしょう。


 一方、FictionJunction YUUKA の『Silly-Go-Round』は15位と、着実に足元を固めてきていますね。

 爆発的な勢いはないものの、こちらも順調に進捗しているようですので、週間ランキングの結果が楽しみです。


 『ハレ晴レユカイ』は、デイリーランキング「2位」という目に見える成果が現れたことによって、今後さらに勢いが加速することも十分予想できます。

 これは、もしかすると、もしかするかもしれませんね。


『ORICON STYLE』 (出版社公式サイト)
『涼宮ハルヒの憂鬱のEDをオリコン1位にする応援サイト』 / ぶーんブログさん

「FJY」は13位、「ハルヒ」は18位へ

 昨日は、一時TOP20圏外の21位まで後退してしまった、『涼宮ハルヒの憂鬱』のEDテーマ、『ハレ晴レユカイ』。

 各店への補充がなされた、5月11日付のオリコンシングルデイリーランキングでは、18位まで順位を上げ、再びTOP20圏内へ浮上いたしました。


 一方、FictionJunction YUUKA の『Silly-Go-Round』ですが、こちらは若干順位を落としたものの、デイリーランキング13位と、安定した強さを見せております。


 両陣営とも、デイリーランキングでは予想外の苦戦を強いられておりますが、週間ランキングでの上位進出のため、何とかこのままTOP20圏内に踏みとどまって欲しいですね。


『ORICON STYLE』 (出版社公式サイト)

「FJY」11位、「ハルヒ」はTOP20圏外へ

 店頭に並ぶや否や、凄まじい勢いで売れまくっていた『涼宮ハルヒの憂鬱』EDテーマ、『ハレ晴レユカイ』ですが、5月10日付のオリコンシングルデイリーランキングでは、何とTOP20圏外へとランクダウン。


 といっても、昨日お伝えしたように、発売日に既に売り切れてしまっているショップが続出していることを考慮すれば、あくまで一時的なものだと思われます。

 実際、『せなか:オタロードBlog』さんなどの記事を拝見させていただく限り、11日には各店で再入荷が始まっているようですし、『楽画喜堂』さんによりますと、入荷が遅れているアマゾンでも13日頃には入荷されるとのことですので、再浮上の可能性は高いと言えそうです。


 一方、FictionJunction YUUKA の『Silly-Go-Round』はといいますと、同ランキング11位と、順調に売り上げを伸ばしている模様。

 各方面へのプロモーション活動も、これから続々と控えておりますし、今後さらに上位に食い込んでくると思われます(というか、そうなることを期待しています)。


 まだまだ先の見えない、今週のランキング。

 当ブログでは、引き続きその行方を追跡していきたいと思います。


『ORICON STYLE』 (出版社公式サイト)
『せなか:オタロードBlog』 / せおっこさん
「おまたせっ!「ハレ晴レユカイ」が再入荷したよっ!」
『楽画喜堂』 / なるせひろのりさん

 いよいよ発売となりました、『涼宮ハルヒの憂鬱』のEDテーマ『ハレ晴レユカイ』。


 秋葉原での売れ行きは絶好調のようで、発売前日の9日から品薄状態。

 発売当日の今日に至っては、

 「アキバのショップでは夕方くらいまでに『ハレ晴レユカイ』が完売していたことろがほとんどだった感じ。」
(geekさん『アキバBlog』より)


 ――と、明日の再入荷までは入手困難なほど、爆発的に売れているようです。


 ちなみに、私の住んでいる地域でも売れ行きは好調のようで、近所のショップでは既に品切れ。

 アニメイトでも、居合わせた方々が手にとってレジへ向かう姿を目にしました。


 そんな『ハレ晴レユカイ』の気になるランキングですが、5月9日付のオリコンシングルデイリーランキングでは初登場15位と、ややスローなスタートとなりました。

 もっとも、デイリーランキングに反映されない、いわゆるアニメショップでの購入者も相当数に上ると思われますし、11日以降に再入荷するショップも多いと予想されますので、今後も目が離せない状況と言えるでしょう。


 一方、時を同じくして発売された、FictionJunction YUUKA の『Silly-Go-Round』ですが、立ち寄ったアニメイトでは、『ハレ晴レユカイ』が3列の展示だったのに対し、『Silly-Go-Round』は5列の展示となっており、その期待の高さがうかがえます。

 気になるランキングはといいますと、デイリーランキング初登場13位ということで、こちらもまだまだこれからといった感じ。


 先日の水樹奈々さんのアルバム同様、どちらの作品もアニメショップで購入される割合が大きいだけに、週間ランキングでどこまで追い上げることが出来るのか、注目していきたいと思います。


『ORICON STYLE』 (出版社公式サイト)
『アキバBlog』 / geekさん
「ハレ晴レユカイ 「売れすぎて無くなりました・・・まさかここまでとは・・・」」


Amazonアソシエイト


 昨年、『ETERNAL BLAZE』でオリコンのシングルランキング初登場2位という、声優歴代最高位新記録をマークした水樹奈々さん。

 今度は、アルバムでやってくれました。


 今月3日にリリースされたアルバム『HYBRID UNIVERSE』が、3.5万枚を売り上げ、オリコン初登場3位を獲得!

 これでアルバムにおいても、林原めぐみさん、坂本真綾さんに並び、声優歴代最高位タイという、輝かしい記録を樹立いたしました。


 ただ、個人的には、アルバムの内容がまたしても「……」という感じで、記録とは裏腹、複雑な心境だったりします。

 人気、実力は確実にアップしているのに、楽曲が追いつけない状況が、かなり長いこと続いているように思えるだけに、今回の記録樹立をきっかけに、ファーストアルバムを上回る出来のアルバムが発売されることを、心から期待したいと思います。


 『supersonic girl』を超えるアルバム誕生の日が、一日も早く来ることを祈って――。


『NANA PARTY』 (水樹奈々さん公式サイト)
『ORICON STYLE』 (出版社公式サイト)


Amazonアソシエイト

軒並みのランクダウンに疑問

 『ハピマテ』祭りの時にも同じような記事を書いたのですが、どうも『CDTV』のランキングでは、アニメ関連の楽曲の順位が、オリコンの順位よりも大幅にダウンすることが多いような気がします。


 今週のランキングで比べてみますと、オリコンで23位だった ROUND TABLE featuring Nino の『夏待ち』が34位に、同じく20位だったSuaraさんの『夢想歌』が28位に、さらに18位だった牧野由依さんの『ユーフォリア』が23位に、それぞれ格下げされての登場。

 また、トップ9はオリコンと変わらずなのに対し、平野綾さんの『冒険でしょでしょ?』だけが10位から12位へ格下げされ、その分、11位と12位の楽曲が繰り上がっております。


 ちなみに、今週初登場の楽曲で、オリコンのトップ30にランクインしたシングルとしては、上記の4曲と松田聖子さんの『bless you』以外はすべて、『CDTV』でも同一か、もしくはより上位にランキングされております。

 この事実からしても、単に「独自に決めているランキングだから」という言い訳では済まされない、それこそ「暴挙」に近い操作が行われているとしか思えません。


 正直、ここまで差別的な扱いをするくらいなら、初めから対象外として扱ってもらったほうが、どれほどマシか……。

 「音楽」番組としてやっている以上、同じ「音楽」として、きちんとした扱いをしていただきたいものです。


 いっそ、オリコンのランキングを基にせず、番組独自のランキングにしてしまえば、思うが侭に出来るでしょうに――。


『CDTV』 (番組公式サイト)
『ORICON STYLE』 (出版社公式サイト)

「Silly-Go-Round」PVフル視聴開始!!

 先日の記事を書いた時の流れからすると、ゆくゆくは公開されるだろうな、とは思っておりましたが、まさか発売の一週間も前から公開してくれるとは。

 ビクターさん、本気ですね。


 というわけで、FictionJunction YUUKA の「Silly-Go-Round」のPVが、発売に先駆けて公開されました。

 楽曲の感想はCDが発売されてから書くとして、とりあえず今回は、公開されたPVの感想をば。


 このPVの中で、個人的に気に入っているのが、屋上で撮影されたシーン。

 衣装、ロケ場所、そして空の青――。

 どれもが、この楽曲のイメージにピッタリで、断片的に挟まれるこのカットが、PVの中で非常にいいアクセントになっていると感じました。


 恐らくこのPVも、ニューアルバムの特典としてDVDに収録、といった形になるかと思うのですが、一度目にしてしまった今、「一刻も早くDVD化して欲しい」と思ってしまう私は、ちょっと気が短すぎでしょうか(笑)。

 というのも、「焔の扉」のPVが、音質、画質ともに満足のゆく出来だったので、「Silly-Go-Round」にも同様の期待をしてしまうのですよ。

 CDがリリースされる前から、こんなお願いをするのもなんですが、ぜひとも早期にDVDが我々の手に届くよう、頑張って下さい!


 フルコーラス聴くことができるということで、毎日のようにヘビーローテーションで流しまくっている私。

 くぅっ、聴けば聴くほど、余計リリースが待ち遠しくなっちまうじゃねぇかっ……!


『m-serve』 (レーベル公式サイト)


Amazonアソシエイト

 つい先日、「祈りの詩」のPVは公開される気配がない、なんて書いたばかりなのに、よもやこのタイミングで公開されるとは。

 これで、DVDに収録されようがされるまいが、関係なしにPVフル視聴を進めていくという、ビクターさん積極的な姿勢が明らかになりましたね。


 石川智晶さんの「美しければそれでいい」、牧野由依さんの「ユーフォリア」、そして savage genius の「祈りの詩」――。

 ここまで来ると、ROUND TABLE featuring Nino の「夏待ち」、果ては FictionJunction YUUKA の「Silly-Go-Round」のPVも、ひょっとしてフル視聴できる日が来るんじゃないか、と期待せずにはいられません。


 ビクターさんの更なる英断を、心から期待して待つことにいたしましょう。


『m-serve』 (レーベル公式サイト)


Amazonアソシエイト

ああさんブログ

 先日、こっそりと再開したと思ったら、怒涛の勢いで更新されている清水愛さんの日記に、ビックリしている今日この頃。

 ほぼ時を同じくして、ビクターより今月から来月にかけてニューシングルが発売される、各アーティストの公式サイトがオープンしたわけですが、ブログも併せて開設された所が結構多いのが特徴ですよね。


 そんな中、一番勢いよく更新されているのが、savage genius のブログ。

 特に、ああさんのテンション高い書き込みは、読んでいる私たちまで元気になるかのような内容で、楽しませていただいております。


 ほんの些細なことでも、気軽に手軽に、どこでも書き込みが出来るブログ。

 そのメリットを、存分に活かしているああさん。

 私も、そんなブログをひとつ持っていてもいいのかなぁ、と思ったり。


 でもなぁ、今でもいっぱいいっぱいなのに、これ以上は無理だよなぁ……。


『-savage genius-』 (savage genius公式サイト)
『清水愛 箱入り柘榴姫』 (清水愛さん公式サイト)

 情報ソースは、『Sugar Waffle』さん。


 4月26日に発売される、牧野由依さんのニューシングル『ユーフォリア』。

 そのPVが、発売前の4月21日に、しかもフルヴァージョンで視聴できてしまうんですから、sugarwaffleさんのお言葉どおり、まさに「これは太っ腹」。


 ちなみに、「ユーフォリア」のPVが公開される二日前には、石川智晶さんの「美しければそれでいい」のPVフル視聴がスタートしております。

 こちらも、なんとも太っ腹。


 ネット上での公開は、何かと難しい問題も多いと思うのですが、それでも公開に踏み切ったビクターさんの英断に、心の中では拍手喝采。

 でも、裏を返せば、DVDへの収録が決まっている savage genius の「祈りの詩」は公開される気配がないので、今回公開された2つのPVは、近日中にDVD化される可能性がない、とも言えるわけで――。


 それでも、せっかくのPVを出し惜しみすることなく、こうやって私たちの前に差し出してくれたビクターさんには、感謝感謝なのです。


『m-serve』 (レーベル公式サイト)
『Sugar Waffle』 / sugarwaffleさん
「「ユーフォリア」Video Clip フル視聴(ビクター)」


Amazonアソシエイト


このページの先頭へ

プロフィール

管理人:みかずき

 声優ファン歴約15年。比嘉久美子さん、藤村歩さん、金元寿子さんを愛しています。オーディオ歴、クルマ歴も同じくらいです。

 そんな管理人の生態は、Twitter(@mikasuky)にて詳しくご覧いただけます。

 ブログの更新は、主に平日に行っています。気ままに運営していますので、温かく見守っていただけると嬉しいです。

ブログ記事検索

最近のコメント

Powered by Movable Type 5.2.7