eye.jpg

『劇場版 花咲くいろは HOME SWEET HOME』 Blu-ray Disc レビュー! 画質・音質ともに並レベルだけど、感動はひとしお! やっぱり泣けますっ!

『劇場版 花咲くいろは HOME SWEET HOME』BD表面

【 みかずきの個人的総評 】
画質 : ★★ / 音質 : ★★ / 状態 : 優


 先日の、『第三回湯涌ぼんぼり祭り』にて先行販売された「ブルーレイ ぼんぼり祭りセット」を購入して、一足先に堪能させていただいた、『劇場版 花咲くいろは HOME SWEET HOME』 Blu-ray Disc。

 劇場で観るのとは、また違った感動が味わえたりして、やっぱり『花いろ』の世界観好きだわ、と実感したりなんかして、涙流しちゃったりしてました。

 そんなBDの画質や音質はどんなものなのか、さっそく見ていきたいと思います。同梱のオリジナルサウンドトラックCDについても、ちょこっと触れてますので、ぜひご覧ください。


パッとしない画質。その眠たさは作風ゆえ?

『劇場版 花咲くいろは HOME SWEET HOME』BD裏面

 もともとヴィヴィッドではない作画なので、クッキリハッキリとは違う画作りになってはいますが、それにしても眠たい画質だなぁ、というのが、第一印象です。

 それに、S/Nが悪くノイジーで、空気が澄み切っていない感じです。たぶん、それが原因で余計に眠たくなってしまっているのだと思いますが、ちと残念ですね。

 湯涌の空気はおいしく、それこそ澄み渡っているので、作品でもその空気感を味わいたかったのですが、それは叶わなかったです。

抜けが今一歩な音質。もっとクリアに聴きたかった。

初回生産限定特別版の特典たち

 音質も、画質同様、パッとしない印象です。全体的にS/Nが悪く、ざわついてしまっているので、クリアな音質とは言えないですね。

 セリフもこもり気味で、抜けが悪いです。天井が低く感じられて、どうにもスカッとしません。せっかくの劇場版BDなのに、勿体ないなぁ、と。

 音場も狭く、どことなく小さな劇場でのお芝居を観ているよう。喜翆荘の広さを考えれば、もっと広々感を出してもよかったんじゃないでしょうか。

充実の特典! これだけあれば大満足です!

ぼんぼり祭りセットの特典たち

 「初回生産限定特別版」の特典は、とにかく充実していて、描き下ろし収納BOXやサントラCD、画コンテ集にアフレコ台本、フルカラーブックレット、それにオーディオコメンタリー2本が収録されています。

 これだけの内容があるので、迷わず「初回生産限定特別版」をオススメします! 冊子類は見ていて「なるほど」と思う部分も多く、ぜひ目を通していただきたいです。

 また、私はまだキャスト陣のほうを少ししか聴いていませんが、オーディオコメンタリーも結構突っ込んだ内容を話していて、聴き応えがありました。

 サントラCDに関しては、音質はそこそこ。ただ、やはりS/Nがよろしくなく、楽器の輪郭が曖昧。点数としては、3.5点といったところでしょうか。

 「ブルーレイ ぼんぼり祭りセット」の内容も、個人的には嬉しかったので、もしどこかで販売される機会があるのであれば、購入をオススメしたいです。

ストーリーは文句なし! 劇場版をいつでも観られるって嬉しい!!

 作品が好きすぎるゆえ、ちょっと厳しめの評価になりましたが、見られない、聞けない、ってレベルのものでは決してありませんので、そこはご安心ください。

 劇場では泣かなかった私が、なぜか家で観たら号泣してしまったくらいです。一度や百度(!?)劇場に足を運んだ人でも、きっと違った何かを感じることができるはずです。

 66分なんて思えないほど、ストーリーが凝縮されているので、体感的には120分以上の映画を観たかのよう。TVシリーズを知ってるなら、何としても観ていただきたい作品です。

 もし、まだ知らないという人、これをきっかけに『花咲くいろは』の世界に触れてみませんか? 人生の中に、新しい「花」が「咲く」はずですから——。

関連リンク

「劇場版 花咲くいろは HOME SWEET HOME」公式サイト

トラックバック

トラックバックURL

コメントする

※ コメントは管理人の承認後に公開となります。

公開されません

このページの先頭へ

プロフィール

管理人:みかずき

 声優ファン歴約15年。比嘉久美子さん、藤村歩さん、金元寿子さんを愛しています。オーディオ歴、クルマ歴も同じくらいです。

 そんな管理人の生態は、Twitter(@mikasuky)にて詳しくご覧いただけます。

 ブログの更新は、主に平日に行っています。気ままに運営していますので、温かく見守っていただけると嬉しいです。

ブログ記事検索

最近のコメント

Powered by Movable Type 5.2.7