eye.jpg

豊崎愛生さんセカンドアルバム『Love letters』レビュー! ほっこりできるあたたかさは変わらず。だけど、ちょっぴり辛い曲も!?

豊崎愛生さん『Love letters』ジャケットなど表面

【 みかずきの個人的総評 】
楽曲 : ★★★★☆ / 音質 : ★★ / 状態 : 優


 9月25日(水)にリリースされた、豊崎愛生さんのセカンドアルバム、『Love letters』。発売から時間がたってしまいましたが、じっくり聴き込んでみての感想を書きたいと思います。

 ファーストアルバムに続き、ほっこりできる楽曲が多いのですが、今作はそんな中にちょっぴり辛い曲(!?)もあったりして、新しい一面も聴くことができますよ。


あたたかな曲たちに囲まれる幸せな時間♪

豊崎愛生さん『Love letters』ジャケットなど裏面

 1曲目の「See You Tomorrow」の軽快なサウンドとともに幕を開ける、この『Love letters』。全体的にあたたかい雰囲気の楽曲で構成されているので、とってもほっこりした気持ちになれます。

 この心温まる音楽は、愛生さんの持ち味が存分に発揮されていると思います。忙しい毎日に、ほっとできる時間を作り出してくれる、そんなアルバムです。

シングルからの楽曲も数多く収録してます♪

豊崎愛生さん『Love letters』CDレーベル面

 先行シングルである、5thシングルの「music」から、9thシングルの「CHEEKY」までの楽曲も、幅広く収録されています。

 タイトルチューンはもちろん、カップリングの曲も「さすらいの迷える仔猫」など3曲が収録されているので、アルバムから愛生さんワールドに入るのもいいかもしれません。

 私がシングル未購入のため比較できなくて申し訳ないのですが、「CHEEKY」は新たに「-clover mix-」されています。おそらくシングルとは雰囲気が違うかと思いますが、それゆえ、新鮮に感じるかもしれませんね。

ピリリと辛い!? 「LiLi A LiLi」。

豊崎愛生さん『Love letters』DVDレーベル面

 愛生さんの曲は、基本的にシンセをあまり使わないものが多いのですが、「LiLi A LiLi」だけは真逆で、シンセを前面に押し出した楽曲になってます。

 このアルバムの中で、アクセントになり得る曲だと思い、これは「ピリリと辛い」山椒のような存在なのかなぁ、なんて思いました。ホント、異色ですよね。

 でも、違和感はなくて、新しい愛生さんの一面を見せてくれるという意味では、貴重でもあります。もしかしたら、肌に合わない人もいるかもしれませんが、食わず嫌いせずに、ぜひ一度聴いてみてください。

お世辞にも良いとは言えない音質。雰囲気作りは理解できるが……。

 音質に関しては、とても残念と言わざるを得ません。

 まず音が濁っていて、楽器が重なるにつれゴチャゴチャしてしまい、どこで何が鳴っているかよくわからなくなってしまいます。ボーカルも雑で、伸びが足りません。

 全体的に抜けが悪く、空間的な広がりも感じられないので、とっても窮屈。せめて、S/N感がよければと思うのですが、それも残念なレベルです。

 もちろん、あたたかみはあって、それなりにタイトな空間表現のほうが、楽曲の雰囲気にはあっているんでしょうが、そうは言っても褒められたものではありません。今後の改善を願います。

ファーストアルバムが好きなら絶対に買い! 試聴は「iTunes Store」でどうぞ♪

 ソフトな雰囲気は、豊崎愛生さんの声質とも相性抜群。あたたかい楽曲に囲まれたい、ファーストアルバムが大好きだ、という人には強くお勧めしたいです。

 そんな『Love letters』、公式サイトでは試聴ができないのですが、下に張らせていただいた「iTunes Store」のリンクからは、全曲試聴することができますので、兎にも角にも、ひとまず聴いてみてくださいませ。

 ゆっくりと歩くことの大切さ、とでも言いましょうか、スピードを求められる時代だからこそ、たまにはゆったりとした気持ちで音楽に浸ってみませんか? 最適な一枚が、ここにありますよ。

関連リンク

豊崎 愛生 | Aki Toyosaki
豊崎愛生オフィシャルブログ「あきまつり」Powered by Ameba
『Love letters』|豊崎愛生オフィシャルブログ「あきまつり」Powered by Ameba

トラックバック

トラックバックURL

コメントする

※ コメントは管理人の承認後に公開となります。

公開されません

このページの先頭へ

プロフィール

管理人:みかずき

 声優ファン歴約15年。比嘉久美子さん、藤村歩さん、金元寿子さんを愛しています。オーディオ歴、クルマ歴も同じくらいです。

 そんな管理人の生態は、Twitter(@mikasuky)にて詳しくご覧いただけます。

 ブログの更新は、主に平日に行っています。気ままに運営していますので、温かく見守っていただけると嬉しいです。

ブログ記事検索

最近のコメント

Powered by Movable Type 5.2.7