eye.jpg

2013年5月の記事一覧


 6月5日(水)〜6月16日(日)に公演が予定されている『朗読劇 私の頭の中の消しゴム 5th letter』より、茅原実里さんや小清水亜美さんら出演者からのメッセージが公開中です。

 この作品は、連続ドラマ「Pure Soul」として生まれた後、韓国映画としてリメイクされ大ヒットした同作を朗読劇にしたもの。過去、坂本真綾さんや菊地美香さん、沢城みゆきさんらが参加して公演が行われており、今回で5回目の公演を迎えます。

 明日、6月1日(土)から3日間、チケットぴあ限定で555円チケットの抽選販売受付も行われますので、「今、この朗読劇を知ったよ〜」という方もまだ間に合います!

 余談ですが、昨年出演された沢城みゆきさんらの出演者動画コメントもまだ見ることができるので、興味のある方は公式ブログから辿ってみてはいかがでしょうか。


私の頭の中の消しゴム

JBL ONBEAT VENUE LT の箱

 iPhone5 を充電しながら快適に音楽を聴くことができる、Lightningコネクタ搭載のBluetoothスピーカー『JBL ONBEAT VENUE LT』を購入して、約2ヶ月がたちました。

 毎日のようにこのスピーカーを使っていることもあり、音の傾向や使用感などもつかめてきましたので、今回は『JBL ONBEAT VENUE LT』をレビューしてみたいと思います。


 まずは、外観からチェックしてみましょう。

JBL ONBEAT VENUE LT 正面  裏面

横  上面

 商品説明などの写真を見たときには、かなり横に幅広いのかなぁ、と思っていたのですが、想像よりは小さく——といっても、コンパクトサイズではありませんが——、ギュッと凝縮されている印象です。

 正面の、iPhone などを立てかける部分のゴムには違和感を覚えますが、スッキリとしたデザインは悪くありません。端子もボタンも必要最低限のものしかなく、説明書なしでも機能をある程度把握できます。


JBL ONBEAT VENUE LT の端子部分を出した状態  端子部分を横から見たところ

 Lightning端子がある部分は、高級車のようなプッシュオープン式(!)になっていて、簡単に出し入れができるようになっています。

 ただ、結構深く強く押し込まないといけないので、本体を押さえていないと開閉できないのが残念。高級感があるだけに、片手で操作できないのは惜しいポイントです。


JBL ONBEAT VENUE LT の端子部分のアップ

 端子自体が完全には固定されておらず、前後に遊びがあるおかげで、脱着時に折れてしまう危険性は低いです。これは、嬉しい配慮。


JBL ONBEAT VENUE LT に iPhone5 を装着した状態  iPhone 装着時に横から見たところ

 iPhone5 を装着してみても、グラつき等もなくしっかり固定されます。横から見ると、iPhone が少し後ろに寝ていて、スピーカーに寄っかかっているのがわかります。

 黒いスピーカーに白い iPhone は似合わないかなぁ、と不安に思っていたのですが、むしろ白がアクセントになっていい感じになりました。


 さて、ここからは音質について書いていきたいと思います。


 Lightning端子に接続して再生してみると、一聴してクリアで引き締まった音だというのがわかります。定位もカッチリしており、S/N感良好。解像度も高く、Hi-Fiな音を聴かせてくれます。ただ、スケール感は乏しく、サイズなりといったところです。

 BT接続時は見通しが悪くなり、薄いヴェールをまとったようなスッキリしない音になってしまうので、メインはやはりLightning端子に接続しての使用になるかと思います。

 ちなみに、このスピーカーから出る音はかなり鋭いので、長時間のリスニングでは疲れます。音が痛いです。なので、適度な音量と距離を保つのがよいと思います。


 せっかくなので、私が最近聴いている楽曲の中から、何曲か選んで試聴してみた感想を書きたいと思います。


 まずは、『ちはやふる2 オリジナル・サウンドトラック』より、瀬戸麻沙美さんが歌う「茜空」を試聴。

 ヴォーカルが埋もれず、しっかり前に出てきてくれます。低音も豊かに鳴りますね。レンジも広く、好印象。ただ、全体的に小さくまとまってしまうのが惜しいです。

 同じサントラでインスト曲も聴いてみたのですが、こちらは奥行きまで表現されますね。残念なのは、ストリングスの生っぽさが失われてしまうこと。音に説得力が欲しいところです。


 次に、StylipS の「Choose me♡ダーリン」を聴いてみます。

 クリアで楽しい音ですね。抜けが良いです。思いの外、左右への広がりがあって好印象。きちんと、メインヴォーカルが前に、コーラスが奥に、それぞれ位置してくれるのもグッドです。


 続いて、iTunes Store からダウンロードした、あんこうチームの「Enter Enter MISSION!」を試聴してみましょう。

 軽快な音。CDから Apple ロスレス で取り込んだ先程までの楽曲と比べると、明らかにレンジが狭いです。というか、その音質差をそのまま再生してくれるというのは、素晴らしいことです。このスピーカーの実力を物語っているように思います。


 最後に、Suaraさんの『The Best 〜タイアップコレクション〜』より、「キミガタメ」(Pure version)を聴いてみることに。こちらは、CD層を取り込んだものを試聴しました。

 この曲だと、楽器の生々しさがそれなりに伝わってきます。ヴォーカルも澄んでいますね。S/N感はかなり良好。Dレンジも広く、大サビ後の盛り上がりはグッドです。


 ここで、「キミガタメ」(Pure version)をサンプルに、「MOVIEモード」と「BASSモード」を試してみました。


 「MOVIEモード」では、中高域に音の広がりが出て、ヴォーカルが聴き取りやすくなります。他方、「BASSモード」では、低域の重量感が増しますが、音像が膨らんでしまいました。

 ちなみに、両方を同時にオンにすることもできるので、そちらも試してみましたが、単純にそれぞれの特性が合わさった感じになります。


 蛇足ですが、このスピーカー、音楽だけでなく、iPhone のありとあらゆる音を再生することができます。

 YouTube やニコニコ動画の音声から、ゲームの音、さらにはロック解除の音まで(笑)、聴こうと思えば何でも聴けます。お試しあれ。


 最後に、私が遭遇した不具合についても書いておこうと思います。

 これまで経験した不具合は、iPhone が充電されていない状態で電源が落ちていたことが2回、再生中に突然スピーカーがスリープ状態になったことが1回の、計3回。それ以外は、いたって健康で、安定して使えています。


 私のレビューで書き切れなかったことは、『Joshin web』さんの試用レポートに載っていたりしますので、そちらも参考になさって下さい。

 ちなみに、私は『Joshin web』で購入させていただきました。ありがとうございました。


 そんなこんなで、かなりの実力の持ち主である、この『JBL ONBEAT VENUE LT』。スケール感の小ささを許容できるのであれば、ハイクオリティな音を聴かせてくれる優秀なスピーカーだと言えます。

 ふわっとした優しさはありませんが、Hi-Fiなクリアで引き締まった音質を好まれるのであれば、ぜひ第一候補として検討されてみてはいかがでしょうか。


JBL ONBEAT VENUE LT | JBL by HARMAN

ONBEATVENLTBLKJN | JBL | Lightningコネクタ搭載 Bluetooth対応スピーカー(ブラック) (Joshin web インターネットショッピング 家電・PC・ホビーの大型専門店)
試用レポート: Lightningコネクタ搭載 Bluetoothスピーカー 「JBL ONBEAT VENUE LT」

アイカツのCDたち


 待てど暮らせど、iTunes や mora で配信されないので、どうにもこうにも我慢できなくなって、買ってしまいました。購入動機が穏やかじゃないわね。

 とはいえ、個人的には、全楽曲「OFF VOCAL」が収録されているので、それだけでも満足度は高かったりします。音の使い方とか、勉強になりますし。私も精進せねば。

 それ抜きにしても、収録曲を考えれば、iTS などで配信されてない現状を踏まえると、購入するだけの価値はあると思います。「アイドル活動」とか「Move on now!」とかは、もはや定番曲ですしね。

 今だからこそ、オススメです。


Amazonアソシエイト



 本日リリースされた、桂ヒナギク starring 伊藤静のニューシングル、『春ULALA♡LOVEよ来い!!!』。その発売にあわせて、伊藤静さんからのコメント動画が公開されました。

 楽曲についてのコメントはもちろんのこと、あんなことやこんなことの発表もしちゃってますので、ぜひチェックしてみて下さい。


 今回で、大亀あすかさんとはお別れになってしまう、『これスキ!なんかイモみたい!!』第10回の配信がスタートしました。

 キスの話は、声優ファンなら聞いたことがあると思われる事実なので、さほど驚きはないかも。むしろ、カメちゃんのフェチ話のほうが気になります。……短いですが。

本日のメモ帳 (2013/5/29)

 最近、Win から Mac に環境を移行しまして、いろいろ便利に使っているのですが、その中で、FTPソフトとして選んだのが『Transmit』でした。

 このソフトの魅力は、『Finder』にサーバをディスクのようにマウントできる点なのですが、私の環境では、何故かその機能が使えず、困り果てておりました。

 試行錯誤の結果、何とかディスク機能が使えるようになりましたので、メモとして残しておこうと思います。


 私の場合、App Store からバージョン 4.4 を購入しまして、OSX 10.8.3 にインストールしたのですが、「ディスクとしてマウント」しようとすると、「ディスク機能関連ファイルのインストールが必要」というダイアログが表示され、ダウンロードページへと誘導されました。

 そこで、必要なファイルをダウンロードし、インストールを実行したものの、何故かディスク機能がインストールされず、「ディスクとしてマウント」を選択すると、先程と同様のダイアログが表示され、ダウンロードページへ……。

 結局、その繰り返しで、いっこうに使える気配がなく、あれこれ調べてみたのですが、解決方法が見つからず、途方に暮れることになったのです。


 しかたがないので、お茶を飲んでクールダウンしていると、ある考えがひらめきました。


 「公式サイトからアプリをダウンロードしたら、App Store とは中身が違うかもしれない」。


 早速、公式サイトから体験版をダウンロード。解凍して起動してみたところ——。


 ——おお! 「ディスクとしてマウント」できる!!


 当然ながら、公式サイトからダウンロードしたものは、利用日数に制限がかかっている状態でしたが、「ディスク機能をインストールする」という私の目的は、見事達成。

 もしかしたら、App Store からダウンロードしたものまで制限されてしまうのかも、という不安もあったのですが、そんなことはなく、一安心。


 続けて、App Store からダウンロードしたもので、マウントできるかやってみました。すると——。


 ——こっちでも問題なく、「ディスクとしてマウント」できとる!!


 ドキドキしながら、体験版を削除して動作するか確認してみたのですが、まったく問題なく動きました。

 大成功。


 というわけで、今現在は、無事にマウントできております。

 いやぁ、一時はどうなることかと。


 もし、同様の症状でお困りの方がいらっしゃいましたら、公式の回答ではないので自己責任になってしまいますが、こんな荒技で解消することも可能です。

 決して安い買い物ではありませんので、ディスク機能が使えるのと使えないのじゃ大違い。とはいえ、あくまで私が無理矢理使えるようにしただけですので、くれぐれも自己責任にてお試し下さいね。


 気が抜けたら、疲れが一気に……。

 お風呂入って、サッパリしますかね。


パニック - Transmit - Mac OS X FTP + SFTP + S3 アプリケーションの完成形


 5月26日(日)に放送された、『絆体感TV 機動戦士ガンダム 第07板倉小隊』第4期の第8回が、YouTube で公開中です。

 今回の対戦相手は、「天上天下絆無双」。先週までの戦績は、3勝9負0引き分け。今回の戦いの結果や如何に。


絆体感TV 機動戦士ガンダム『第07板倉小隊』 オフィシャルサイト


 7月3日(水)にリリースされる、三森すずこさんの2ndシングル、『約束してよ?一緒だよ!』。

 その表題曲「約束してよ?一緒だよ!」の試聴ヴァージョンが、公開されました。


 とっても爽やかな楽曲になっていて、この夏にもってこいのナンバーに仕上がっています。

 ミュージックビデオも、きっと爽快なものになっていると思うので、期待大です。


mimorin.com | 三森すずこ オフィシャルサイト

このページの先頭へ

プロフィール

管理人:みかずき

 声優ファン歴約15年。比嘉久美子さん、藤村歩さん、金元寿子さんを愛しています。オーディオ歴、クルマ歴も同じくらいです。

 そんな管理人の生態は、Twitter(@mikasuky)にて詳しくご覧いただけます。

 ブログの更新は、主に平日に行っています。気ままに運営していますので、温かく見守っていただけると嬉しいです。

ブログ記事検索

最近のコメント

Powered by Movable Type 5.2.7