eye.jpg

2012年6月の記事一覧

本日のメモ帳 (2012/6/28)

『MK-CONNECTION Mk-I』ジャケット表

【 みかずきの個人的総評 】
音質 : ★★★ / 楽曲 : ★★★☆ / 品質 : 優


 金月真美さんと國府田マリ子さんのユニット、「MK-CONNECTION」のデビューカバーアルバムである『MK-CONNECTION Mk-I』。

 「ハレ晴レユカイ」や「only my railgun」といった名曲たちを、お二人の歌声でカバーしているという、かなり贅沢な作品です。


 どの楽曲も、原曲より疾走感を若干抑えるアレンジとなっており、お二人の歌声をより活かす方向へと振られているように感じました。個人的には、これはこれで“あり”だと思います。

 一方、残念だったのは、メロディーラインをも原曲から変えてしまっているところがあった点。これも、お二人の歌声を活かすためだとは思うのですが、メロディーは“肝”だと思っている私にとって、一部の楽曲は聴いていて苦痛に感じる部分も。

 ともあれ、収録されているすべての楽曲は、『Symphony No.5』さんの公式サイトで試聴ができますので、みなさんのお耳に合うかどうか、ご自身でご確認いただければと思います。


 そして、ひさびさの音質レビューでございます。

 勝手に「音質は悪いだろう」と想像していたので、思っていた以上に見通しがよくてビックリ。曲によっては、ドラムが出しゃばりすぎている感もありますが、それによって、土台がしっかりして安定感が増しているのかな、と思えなくもないかなぁ、と。

 「SHOOT!」と「ハナノイロ」の2曲は、何故かボーカルが埋もれ気味なのですが、他の4曲に関しては、しっかり前に出てきていましたので、聴き難さはあまり感じませんでした。

 欲を言えば、音場がもっと広ければなぁ、とは思いますが、このレベルであれば十分平均点には達しているといえるでしょう。


 この作品、私からすると、「お二人の歌声で最新のアニソンが聴ける」というだけでも、買う価値のあるものだと思うんですよ。

 味気ないジャケットが、ともすると購入意欲を削いでしまうかもしれませんが、そこで躊躇せず、何はともあれまずは試聴してみてください。

 聞き慣れているはずの楽曲が、新たな命を与えられたかのように、別の輝きを放っているのを、きっと見つけることが出来るはずですから――。


『MK-CONNECTION Mk-I』ジャケット裏


『Symphony No.5』 (Symphony No.5 公式サイト)
『Mami Kingetsu Official WebSite』 (金月真美さん公式サイト)
『天晴!日替わり定食』 / 國府田マリ子さん


Amazonアソシエイト

本日のメモ帳 (2012/6/25)

本日のメモ帳 (2012/6/22)

小倉唯さんソロデビューシングル『Raise』ジャケ写公開&試聴開始&MV公開!

────

京アニ「けいおん!!」中野 梓 フィギュア 箱の外から

 いまさらもいまさら、約一年くらい箱の中に閉じ込めてしまってゴメンよ、あずにゃん……。

 そんなわけで、いまさらながら開封したついでに、ちょっと記念撮影してみました。っても、手持ちでブースも使わず、照明も適当なんですけどね(汗)。


正面から  後ろから

右から  左から

 テカってて恐縮ですが、前後左右からあずにゃんをなめ回してみました。イチゴが不味そうに見えるのは、私の写真だからであって、現物はもっと美味しそうな色しとりますです。


イチゴの中の「アリ澪」  点灯するとこんな感じです

 イチゴの中の「アリ澪」さん。「LEDライト点けたって、そんな変わらんでしょ?」と思ってたんですが、意外にも雰囲気が大きく変わったので、ちょっと感動するなど。


あずにゃんペロペロ

 この角度からのあずにゃんが可愛くて仕方ないので、ペロペロ(^ω^)


スニーカーも素敵です

 そんなあずにゃんが履いているスニーカーなんで、ペロペロ(^ω^)


 ……失礼。

 ちと脱線しましたが、他の4人とはコンセプトが違うので、表情なんかも全然別物ですね。どちらがいいとは一概に言えませんが、この表情のあずにゃんは好きです。

 さて、今までの4人と一緒に飾るのは違和感ありそうなので、どうやって飾ろうか思案中。つか、フィギュア置くスペースが狭いんで、もう置けない気が……。ちょっと片付けてきます。


『「けいおん!」フィギュア特設サイト』 (京アニショップ!公式サイト)

本日のメモ帳 (2012/6/20)

本日のメモ帳 (2012/6/19)

 釘宮理恵さんの名義として初のオリジナルアルバムとなる『kokohadoko』が、いよいよ今週水曜に発売となります。


 この『kokohadoko』は、全6曲で構成されるミニアルバムとなっており、初回盤と通常盤の両方とも、CDに加えてミュージッククリップを収録したDVDが付属するという、ちょっと変わったラインナップになっています。

 初回盤と通常盤の違いは、特製パッケージかそうでないか、映像特典として撮影風景映像が収録されているかいないか、ジャケット写真のバリエーション違いの3点。

 単純に価格差を考えると、初回盤の方がお買い得だとは思いますが、ジャケ写の好みで選んでしまってもいいのかもしれません。ちなみに、私は初回盤のジャケ写の方がシンプルで好きです。


 なお、ランティスさんの特設ページなどでは、ミュージッククリップに収録される3曲、「ハネ・ウタ・アイ・ヒト」「forêt noire」「オレンジ」それぞれの試聴をすることが可能です。

 上でご紹介させていただいたのは、その中でも、私が好きな「オレンジ」のMC。他のMCと比べ、広い空間の中で展開する映像が、開放感があっていいんですよね。


 また、『kokohadoko』のリリースにあわせて、発売記念イベントの開催も決定しています。

 7月1日(日)のゲーマーズなんば店でのイベントは、既に応募が締め切られてしまいましたが、8月4日(土)にアニメイト横浜店で予定されているイベントに関しては、明日19日(火)から応募受付開始ですので、そちらをチェックしてみてください。


 ゆったりとしたメロディーの楽曲が多い、この『kokohadoko』という作品は、釘宮理恵さんの歌声と相まって、時間を忘れさせてくれる、そんな一枚だと思います。

 ふっと肩の力を抜きたい、何も考えずにリラックスしたい――。そんな時間を過ごしたいときの、最高のお供になるのではと、期待しています。


『Lantis web site』 (ランティス公式サイト)
「釘宮理恵『kokohadoko』」
「釘宮理恵|kokohadoko 発売記念イベント開催決定!」

本日のメモ帳 (2012/6/18)

本日のメモ帳 (2012/6/17)

このページの先頭へ

プロフィール

管理人:みかずき

 声優ファン歴約15年。比嘉久美子さん、藤村歩さん、金元寿子さんを愛しています。オーディオ歴、クルマ歴も同じくらいです。

 そんな管理人の生態は、Twitter(@mikasuky)にて詳しくご覧いただけます。

 ブログの更新は、主に平日に行っています。気ままに運営していますので、温かく見守っていただけると嬉しいです。

ブログ記事検索

最近のコメント

Powered by Movable Type 5.2.7