eye.jpg

2010年8月の記事一覧

『i Love』 / azusa

『i Love』ジャケット表面

【 みかずきの個人的総評 】
音質 : ★★★★☆ / 楽曲 : ★★★☆ / 品質 : 優


 TVアニメ『アマガミSS』のオープニングテーマ「i Love」を収録した、azusaさんのデビューシングル。

 タイトルチューンの他に、「単純明快!」「ひみつの部屋」の2曲と、「i Love」のインストヴァージョンも収録されています。


 「i Love」は、「愛してる」という言葉がストレートに表現されているライトでポップなナンバーで、azusaさんの透明な歌声とも相まって心地よく耳へと歌が届きます。アニメの世界観にもマッチしていて、とても素敵な楽曲です。

 また、「単純明快!」「ひみつの部屋」も「i Love」同様比較的軽めの楽曲で、スッと耳に馴染む良さを持っています。3曲を通して聴いてみると、azusaさんの音楽の方向性のようなものが感じられますね。


 そんな『i Love』ですが、音質が良くとても気持ちよく聴くことができます。

 余裕はないものの、Dレンジに窮屈さは感じませんし、高域が若干物足りない気もしますが、fレンジもそこそこ広く、S/N感も良好。上下左右方向への広がりはほどほどですが、きちんと奥行きが表現されているのは好印象。

 ヴォーカルやドラムは直球で音が飛んでくるのですが、突き刺さるほど「痛い」という感じはありませんし、各楽器ともきちんと定位しているので、音が団子になることもありません。

 諸手を挙げて「優秀録音盤に認定」というわけではありませんが、ここ最近私が購入したヴォーカル物の中では良好な音質だったこともあり、半分おまけで優秀録音盤のひとつに加えさせていただきます。


 ちなみに、品質も問題なく「優」評価。

 シングルながらケースもしっかり厚いものを使っているので、安心して取り扱えるのがよいですね。


 「軟水系シンガーソングライター」と謳われるazusaさんの楽曲と歌声は、聴いていると体の隅々まで染み渡り癒される魅力があります。

 ――クセになる「美味しさ」を味わえる「一品」です。


裏面はとてもシンプル


『azusa official website』 (azusaさん公式サイト)
『PONY CANYON』 (ポニーキャニオン公式サイト)
「azusa:i Love」


今回取り上げた作品

「Apple Wireless Keyboard (JIS)」を使う

Apple Wireless Keyboard (JIS)

iPhone3G を使用していた時は、 イベント帰りなどにフリック入力でブログを懸命に更新していたのですが、iPhone4 では Bluetooth 対応のキーボードが使えるようになったという事で、そういう機会に便利かと思い、Apple 純正のものを購入してみました。

このブログも、今まさにその Bluetooth キーボードで打っているところなのですが、やはりフリック入力よりも快適に入力できますね。


キーボードの幅は約28cmありますので、ある程度置くスペースは必要としますが、例えば、私がイベント帰りの新幹線の中で使うのには十分です。

また、厚みはそれほどないのですが、単三電池を2本使用するため、少し重量感があります。とはいえ、荷物として厄介に感じるほどではありませんので、イベントやライブの時には活躍してもらうことになりそうです。


金額的には若干割高感はあるものの、純正ならではのデザインと、JIS配列でもキー刻印の記号がきちんと iPhone に対応している点など、メリットは多いです。

あと、これは個人によって好みが分かれる部分だとは思うのですが、私が使ってみての感想としては、キーピッチも広くタイプ感もしっかりしていて、満足できるものでした。


iPhone 用の Bluetooth キーボードを考えている方で、折り畳みが必須条件でなければ、候補のひとつに入れてみてはいかがでしょうか。

私のように初期不良にさえ当たらなければ(苦笑)、今よりさらに便利で快適な iPhone ライフをおくることができますよ。


キートップはこんな感じ

横からだと薄さがわかります


※画像はPCより追加いたしました。

『Devotion』 / 伊藤 静

ジャケット表面

【 みかずきの個人的総評 】
音質 : ★★★★ / 楽曲 : ★★★★★ / 品質 : 優


 伊藤静さんのファーストミニアルバム『Devotion』。全6曲を収録したCDに加え、「ラストオーダー」のPVが収録されたDVD付きの2枚組みとなっています。

 いまさらのレビューになってしまいましたが、このCD、ミニアルバムとはいえ「捨て曲」がないのが素晴らしい! どの楽曲もシングルとして切り出しても、全然問題ない出来です。


 さらに、私がこのミニアルバムに好感を抱いている理由のひとつが、最近流行の「無理矢理ファルセット」をまったく使っていないということ。

 意味なくファルセットを多用する最近の楽曲とは一線を画していますが、それでもオリジナリティに欠ける部分はひとつもなく、むしろそれによってオリジナリティが増しているとさえ感じます。

 やはり無理のない音域で歌っているほうが自然で、聴いてて違和感がないので、私は好きですね。


 曲調は、バラード成分が多めで、どちらかというと、しっとりと雰囲気に身をゆだねる感じの楽曲が多く収録されています。

 中でも私が好きなのが、PVにもなっている「ラストオーダー」。どことなく、植田佳奈さんの『かないろ』に収録されている「ドライカレー」を想わせる楽曲なのですが、サビでグッと胸にくるこの感覚、本当に心が震えます。それがクセになって何度も聴いてしまう――。まさに傑作だと思います。


 楽曲も最高なのですが、音質もかなり良好です。

 アルバム全体を通してS/N感が良好で、Dレンジ、fレンジともそれなりに広く、左右に自然に広がる音場もこの作品の雰囲気を盛り上げてくれます。

 ただ、若干低域を持ち上げ過ぎに感じたのと、音の分離、そして奥行きがもう少し欲しいと感じたので、優秀録音盤には届きませんでしたが、ここ最近のヴォーカル物としては十分な音質だと思います。

 欲を言えば、静さんのヴォーカルがストレートに耳に届くのではなく、他の楽器群からふわっと自然に浮き上がってくれると、さらによかったかなぁ、と。


 最後に品質評価ですが、こちらもまったく問題なしです。

 ブックレット、CD、DVDともに汚れやホコリもなく、安心して手にすることが出来ました。


 最初にも書いたように、どれもシングルとして通用するレベルの楽曲ばかりです。ハードな楽曲は収録されていないので、そういった曲を求めると「ハズレ」と感じてしまうと思いますが、バラードが好きな方には文句なくオススメできます。

 伊藤静さんのファンであれば、DVDのメイキングで存分に静さんを堪能できますし、音楽面、映像面の両面から楽しむことのできる一品ですので、ぜひその世界を味わってみて下さい。


 ――最高の満足を得られる作品が、ここにあります。


裏面も雰囲気たっぷりです


『静◇呑んだくれ日記』 / 伊藤 静さん
『MellowHead Official Site』 (MellowHead 公式サイト)
「伊藤 静『Devotion』」


今回取り上げた作品

このページの先頭へ

プロフィール

管理人:みかずき

 声優ファン歴約15年。比嘉久美子さん、藤村歩さん、金元寿子さんを愛しています。オーディオ歴、クルマ歴も同じくらいです。

 そんな管理人の生態は、Twitter(@mikasuky)にて詳しくご覧いただけます。

 ブログの更新は、主に平日に行っています。気ままに運営していますので、温かく見守っていただけると嬉しいです。

ブログ記事検索

最近のコメント

Powered by Movable Type 5.2.7