いや、正確には「瓢箪『に』アサギ」なわけですが――。


 『夏目友人帳』第十話、「アサギの琴」。

 夏目って人間っぽい妖怪には強いのに、妖怪らしい妖怪(というのも変ですが)には弱いんですよね。今回も、アカガネには容赦なかったですし。まぁ、そこが夏目らしいところではあるんですけども。


 どことなく淡い色彩の中に描かれる夏目たちの世界は、作品の世界観と絶妙にマッチしていて美しいです。

 物語もそれほど窮屈な感じではないですし、今期の作品の中ではゆるりと観ることのできる数少ない良作だと思います。


 そして、これまた毎回絶妙なのが、エンディングへと自然につながるイントロの間とタイミング。

 中でも、今回の第十話はかなり秀逸な「間」の取り方で、思わずエンディングにまでグッと引き込まれてしまいました。


 妖怪同士、また、妖怪と人間の恋模様が、自然体で表現されている、この『夏目友人帳』。

 ニャンコ先生の暴走も気になりますが(笑)、本編が今後どう展開していくのか。楽しみです。


『夏目友人帳』 (アニメ公式サイト)