eye.jpg

2008年4月の記事一覧

体調不良

 なんか調子悪い。朝からずっと気持ち悪いし。うぐぅ。

 とにかく、明日に備えてゆっくり休まねば……。

『S・A~スペシャル・エー~』

 かくいう私も、『桜蘭高校ホスト部』と同じにおいを感じたひとりです。

 というか、設定が「クラス」じゃなくて「ホスト部」だったら――なんて野暮なことは言いません。楽しく観させていただきましたので。


 それにしても、高垣彩陽さんの出番の少なさは異常。

 誰か、山本 芽にもっとしゃべるチャンスをっ!


『S・A~スペシャル・エー~』 (アニメ公式サイト)

『アニぱら音楽館』に美郷あきさん

 「sad rain」のソロと「disarm dreamer」のセッションだけじゃ、全然物足りません!(←結論)

 ゲストトークは削って欲しくないですが、それにしても2曲しか聴けないのは悲しいものがあります。以前は、確か3曲(ソロ2曲、セッション1曲)歌っていた気がするのですが……。


 今回のようにTVで拝見するのもよいのですが、美郷あきさんといえば、個人的に一度はソロライブに行ってみたい歌手のひとりでもあるんですよね。

 機会があれば、といつも思っているのですが、大抵の場合、その夢は仕事によって無残にも潰されてしまうのです。トホホ。


 今年こそは、ライブに参加するチャンスがめぐってきますように――。


『美郷あきオフィシャルウェブサイト』 (美郷あきさん公式サイト)
「音楽館へ♪」
『アニぱら音楽館』 (アニぱら音楽館公式サイト)

 毎週チェックするのが習慣となっている、『週刊VOCALOIDランキング』。

 この動画のおかげで、気に入ったオリジナル曲を探すのが随分と楽になって助かっています。


 うp主さん、毎週アップ本当にお疲れ様です。そして、ありがとうございます。


『RONDO ROBE 2008』チケット当選

 先行チケットの申し込み受付初日に、アニメイト店頭まで足を運んでしまったかいがあったというか。

 私にしては珍しく、無事にチケットを手に入れることが出来ました。


 あとは、会社にお休みの許可をいただくのみです。


『RONDO ROBE 2008』 (RONDO ROBE 2008 公式サイト)
『animate internet』 (アニメイト公式サイト)

 『CLUB AT-X』で第二回声優アワード授賞式の模様を見ていたら、ふとそんなことが頭をよぎりまして。

 第三回声優アワードにどんな部門が設けられるのかはわかりませんが、新人女優賞があるならば、あやひーが相応しいのではないか、と。


 『true tears』の石動乃絵役はもちろんのこと、今年は他にもかなりの活躍が期待されるますし、個人的にもイチオシの声優さんですので、「ぜひに」と思ってしまうのです。

 何となく味気なかった声優アワードも、こうやっていろいろ想像していると楽しみになってきますね。あー、発表が待ち遠しいです(気が早い)。


『高垣彩陽』 (高垣彩陽さん公式サイト)
『声優アワード』 (声優アワード公式サイト)

 BS11での予期せぬミスで、本日再放送となった『俗・さよなら絶望先生』の最終回。

 『絶望先生』だけに、公式にアナウンスされるまで「わざと16:9を4:3に縮めて放送してるのか?」とも思ったのですが、さすがにそれはなかったようで。

 今度は無事に放送されました。


 しかしながら、私の中で問題がひとつ。

 「本来の画面ではない縦長のお見苦しい画像」の最終回は、ネタとして保存しておくべきか否か。


 ――現在、真剣に思案中です。


『俗・さよなら絶望先生』 (アニメ公式サイト)
『BS11デジタル』 (BS11公式サイト)
「『ANIME+』 「俗・さよなら絶望先生」(最終回)放送に関するお詫びと再放送について」

『図書館戦争』

 今期の数少ない良作のひとつ。

 というか、今期はこれと『ルルーシュR2』以外、あまりおもしろい作品がないのです。


 若さゆえに突っ走る笠原の姿は、見ていてどこか共感できる部分があって、決して他人事とは思えないんですよね。

 テンポよく展開されるストーリー、適度に織り交ぜられたデフォルメキャラとギャグ、どれもがバランスよく成り立っていて、飽きさせない作りになっているのも魅力のひとつ。


 「ノイタミナ」枠、プロダクション I.G 制作ということで、私の中での不安要素はあるものの、内容は期待できる作品だけに、第1話のクオリティをずっと維持してもらいたいところ。

 今後への期待も込めて、ひっそりとバナーキャンペーンに参加してしまおうか、なんて考えていたりいなかったり。


『図書館戦争』 (アニメ公式サイト)

 ホロとロレンスの掛け合いが面白く、毎回楽しく観させてもらった『狼と香辛料』も、ついに最終回。

 1クールなんて、ホントあっという間ですね。


 ノーラやレメリオ商会との駆け引きは、ちゃんと見ていても訳がわからなくなりそうでした。というか、この作品はそういう場面が多かったので、いい意味で気が抜けなかったですね。

 それから、今回はホロが狼の姿で描かれる場面が多く、その存在感を存分に示していたのもよかったです。振り落とされそうになっていたロレンスには同情しますが(笑)。


 そして、最後に二人が見つめあって顔を赤らめるシーンでは、思わずニヤニヤ。

 これからもお幸せに。


 独特な世界観と絶妙な駆け引きで、観るものを楽しませてくれたこの作品。

 次なる旅路が描かれる日も、そう遠くはないような気がします。


『狼と香辛料 Official web site』 (作品公式サイト)

反乱分子

 ものすごく頭にくることがあって、不機嫌極まりない一日でした。

 あーもう、絶対納得できない。負けてたまるか。

このページの先頭へ

プロフィール

管理人:みかずき

 声優ファン歴約15年。比嘉久美子さん、藤村歩さん、金元寿子さんを愛しています。オーディオ歴、クルマ歴も同じくらいです。

 そんな管理人の生態は、Twitter(@mikasuky)にて詳しくご覧いただけます。

 ブログの更新は、主に平日に行っています。気ままに運営していますので、温かく見守っていただけると嬉しいです。

ブログ記事検索

最近のコメント

Powered by Movable Type 5.2.7