eye.jpg

『光の行方』 / savage genius

 TVアニメ『エル・カザド』のOPテーマにもなっている「光の行方」を収録した、savage genius にとって6枚目となるニューマキシシングル。タイトルチューンの編曲は梶浦由記さんということで、今までのサヴィッジとは一味違った雰囲気の作品になっています。


 そんなタイトルチューンの「光の行方」ですが、メロディーラインはサヴィッジそのものなのに、アレンジは梶浦節全開という、かなり不思議な取り合わせ。イントロのバイオリンやコーラスなどには、梶浦さんならではの世界観がしっかり出ているのですが、一方で、メロディーラインや歌詞には、サヴィッジらしさがしっかり残っているんですよね。両者が絶妙なバランスを保ちつつ、見事な音楽を紡ぎあげているからこそ、この楽曲は活き活きとしているのだと思います。

 中でも、とりわけ気に入っているのが、イントロのバイオリンの旋律。スライドの使い方といい、表現の仕方といい、とにかく聴いていて気持ちいい。正直、これだけで購入を決めたといっても過言ではありません。逆に、大サビ前のコーラスは若干やりすぎの感があり、もう少し控えめのほうがよかったかなぁ、と。あと、再三申し上げているように、個人的にはサビでのファルセットは必要ないと、未だに思っていたりします。

 とはいえ、何度も聴き返したくなる魅力ある楽曲なので、ぜひとも多くの方に聴いていただきたいですね。


 c/wの「Beautiful world ~人魚の涙~」は、tr.1 から一転、しっとりとしたスローテンポなバラードで、実にサヴィッジらしい一曲に仕上がっています。徐々に楽器が重なって盛り上がっていくアレンジ、切ない中にも力強さを感じさせる歌声など、こちらも聴きどころ満載。サヴィッジの落ち着いた楽曲が好きな方には、文句なくオススメできると思います。


 さて、音質に関しては、あまり期待していなかったのですが、今回は予想以上に悪かったですね。

 tr.1 は、肝心のヴォーカルが埋もれ気味であり、張りやキツさが感じられますし、リバーブも強めなので聴きにくいことこの上なし。全体的にS/N感は悪く、fレンジも狭い印象。Dレンジはまあまあですが、もっと余裕があってもいいように思います。多少の奥行き感はあるものの、ちとドラムは引っ込みすぎですね。それから、ヴォーカルも含め、各楽器の線が細いのも気になりました。特に、バイオリンはもっと芯のある音が欲しかったです。


 tr.2 になると、音数が少ないせいか、ヴォーカルが聴き易くなります。ベースやドラムが骨格をしっかり支えている感じで、安定しているのもいいですね。S/Nも良好ですし、fレンジ、Dレンジともに tr.1 より広いように思います。程好い広がりを持った音場に、楽器が展開されていくのも好印象です。

 しかしながら、ビクターさんの実力を鑑みると、もう1ランク上の音質を目指して欲しかったというのが本音で、決して満足できる仕上がりとは言い難いのもまた事実。実力があるからこそ期待も大きいので、どうしても厳しい評価になってしまうのですが、せひもうひと頑張りして欲しいところです。


 音質こそ残念だったものの、楽曲に関してはほぼ満足できる仕上がりで、満足度は非常に高いです。欲を言えば、ビクターさんは5mmのケースを使っていることもあってか、盤面にホコリが付いている商品が多いので、そのあたりを改善してくれれば……とは思いますが。

 いずれにせよ、まずは公式サイトで試聴なり視聴なりをしてみて下さい。自信を持ってお薦めできる、素晴らしい作品です。


【 総評 】
音質 : ★★☆ / 楽曲 : ★★★★☆ / 品質 : 良


『savage genius』 (savage genius 公式サイト)
『m-serve』 (レーベル公式サイト)


Amazonアソシエイト

トラックバック

トラックバックURL

コメントする

※ コメントは管理人の承認後に公開となります。

公開されません

このページの先頭へ

プロフィール

管理人:みかずき

 声優ファン歴約15年。比嘉久美子さん、藤村歩さん、金元寿子さんを愛しています。オーディオ歴、クルマ歴も同じくらいです。

 そんな管理人の生態は、Twitter(@mikasuky)にて詳しくご覧いただけます。

 ブログの更新は、主に平日に行っています。気ままに運営していますので、温かく見守っていただけると嬉しいです。

ブログ記事検索

最近のコメント

Powered by Movable Type 5.2.7