eye.jpg

2006年8月の記事一覧

『Reunion -GONZO Compilation 1998~2005-』

 全52曲。約3時間40分収録――。

 1998年~2005年に制作された「GONZO」作品の楽曲を、これを手にするだけで堪能できてしまうという、まさに珠玉のアルバム。


 『Reunion -GONZO Compilation 1998~2005-』。


 全曲リマスタリングされての収録ということで、楽曲の豪華さに加え、ビクターならではの「音質の豪華さ」も味わえるという、実に素晴らしい一品です。


 そんなわけで、今回は、既存のCDとこのコンピアルバムとで、音質がどのように変わっているのか、比較試聴をしてみることにいたしました。

 私の手元にあるCDとの比較ではありますが、参考までにご覧いただけましたら幸いです。


「TRUST」 / SALIA (対 マキシシングル)

 解像度が大幅に向上。シンセの音離れも良くなっています。

 若干高域寄りな傾向ですが、ヴォーカルも含め全体の音が太くなっていますし、かなりの音質アップと言えるでしょう。


「tomorrow」 / 下川みくに (対 マキシシングル)

 シングルも比較的音質は良好だったのですが、このアルバムでは高域のザラつきがなくなり、全体的に落ち着いた印象。

 定位がしっかりして、非常に聴き心地の良い仕上がりになっています。


「枯れない花」 / 下川みくに (対 マキシシングル)

 イントロを一聴してわかる、圧倒的なS/N感の良さは見事。

 「tomorrow」同様、こちらも少し落ち着いた感じを受けましたが、ヴォーカルはこちらのほうがしっかり前に出ているように思いました。


「FUTURE」 / Little Viking (対 サントラ2)

 サントラに比べ、音が丸くなっていますね。

 ベースのフォーカスは少々甘めになりましたが、逆に、左のアコギなどはしっかり音が出ています。

 全体的に線が太く、芯のある音という感じがしました。


「約束の場所へ」 / 米倉千尋 (対 アルバム『azure』)

 その差は歴然! 厚い霧が一気に晴れたような、爽快な音を聴かせてくれます。

 ヴォーカルやスネアは、きちんとフォーカスが合ってクッキリ。バッキングも、見違えるほど解像度がアップ。

 アルバムではこもっていた音が、解放されたように気持ちよく鳴ります。


「Cloud Age Symphony」 / OKINO,SHUNTARO (対 OST)

 基本的な音の傾向は、サントラと同じですね。

 それでありながら、ヴォーカルがサントラよりしっかりと前に出てきているのは、さすが。


「Over The Sky」 / Hitomi (対 OST)

 こちらは、先ほどのOPとは逆に、ヴォーカルの口元が広がりすぎで、聴き難くなってしまっています。

 どちらかというと、サントラのほうが仕上がり良好な感じです。


「翼はPleasure Line」 / 栗林みな実 (対 マキシシングル)

 曇りが晴れたように、視界がクリア。S/N感は大幅アップ!

 ヴォーカルも埋もれず、しっかりと出てきているのはいいですね。

 ただ、ストリングスが落ち着きすぎな感があるのと、若干高域のキツさが残ってしまっているのが、残念なところ。


 ――以上、8曲を聴き比べてみたのですが、ほとんどの楽曲で音質が向上しております。

 特に、キングレコードとランティスの楽曲に関しては、オリジナル音源の音の悪さに愕然としてしまうほど、その差を聴き取ることが出来ました。


 アルバム全体を通して聴いてみても、Dレンジ、fレンジともによく伸びており、S/N感も良好で、音質は優れていると思います。

 これだけの大ボリュームでありながら、しっかりとした仕事をして下さったエンジニアさんには、本当に感謝感謝です。


 こういったアルバムを機に、レコード会社各社がもっと音質に敏感になってくれればなぁ、とも思うのですが、なかなかそうはならないでしょうね……。

 「音質」という分野も、各社で競い合い、互いに高めあっていって欲しいものです。


『m-serve』 (レーベル公式サイト)
『GONZO』 (GONZO公式サイト)


Amazonアソシエイト

FJY新曲「aikoi」、明日オンエア!

 FictionJunction YUUKA の新曲「aikoi」が、いよいよ明日、オンエアされます。


 『ツバサ・クロニクル』の挿入歌である、この楽曲。

 YUUKAさん曰く、「また新境地です、きっと。」とのことですので、今までにない曲調に仕上がっていることでしょう。


 ……「きっと。」というのが、少々気にはなりますが(笑)。


 ちなみに、この挿入歌がオンエアされるのは、明日と8月26日の二回。

 もし明日忘れてしまっても、26日の放送まで待てば、耳にすることが出来ます。


 ――てか、自分自身が明日忘れないように、今この記事を書いているんですけどね(苦笑)。


『FictionJunction YUUKA』 (FictionJunction YUUKA 公式サイト)
『m-serve』 (レーベル公式サイト)

ブログ開設二周年

 おかげさまで、当ブログも開設から二周年を迎えることが出来ました。

 支えて下さっている皆様、いつも本当にありがとうございます。


 『一期一会』に始まり、『吾がココロの友』、そして『あしたもまたひがのぼる!』と、少しずつ形を変えながら歩んできた、このブログ。

 三年目に入る今日、突然ではありますが、また新たな形へと、その姿を変えることにいたしました。


 といっても、移転するわけでもなければ、デザインを一新するわけでもありません。

 変わるのは、ブログの「中身」です。


 今までも、ブログの内容を絞り込んだり、分散させたりといったことを、何度か繰り返してきました。

 結果、私の管理するブログは、現在5つにまで増えてしまい、そのほとんどが、恥ずかしながら放置状態に陥っております。

 そこで、このまま放置し続けるよりも、整理統合してしまって一括管理したほうがよいのではないか、と考えまして、すべてのブログをここへ集約させることにいたしました。


 とはいえ、ただ集約させただけでは、ブログのテーマがあまりにも漠然としすぎてしまい、軸の定まらない状態になりかねません。

 そこで、私が以前より一番書きたかったテーマである、声優やアニメ関連楽曲の「音質レビュー」を柱に据え、このブログを再構築していこうと考えております。


 もちろん、アニメの感想や気になるニュースなども、これまでと同じように書き続けてまいります。

 それに加えて、ブログ開設当初に書いていたような、生活の中の何気ない出来事も、こちらに書き綴っていく予定です。


 これらを実現するために、これから年末にかけて、カテゴリーの見直し、過去ログの整理統合などを、順次進めていきたいと思っています。

 これらメンテナンスの際には、表示が乱れるなど、お見苦しい場面が多々あるかとは思いますが、何卒ご容赦下さいますようお願い申し上げます。


 分割、移転、統合と、再三にわたり皆様にご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。

 今後は、より一層皆様に楽しんでいただけるブログを目指し、精進していく所存ですので、どうぞよろしくお願いいたします。

今月のパワープッシュ更新!

 予約の受付が今月末までということで、少し早めのパワープッシュ登場となりました、『AIR Blu-ray Disc Box』。


 国内向けの Blu-ray Disc として、最初に発売日がアナウンスされた、この作品。

 本編の素晴らしさは、オンエア当時に「これでもか」と書き綴りましたので、ここでの説明は省略させていただきますね。


 あの『AIR』という作品が、「BD」という形で復活を遂げる以上、要求されるハードルは相当高いといえます。

 それを、難なく超えることが出来るのか――。


 正直、不安はありますが、BDの最初の一歩として、輝かしい歴史を切り開いてくれることを、今はただ願っています。


『AIR』 (アニメ公式サイト)


Amazonアソシエイト

このページの先頭へ

プロフィール

管理人:みかずき

 声優ファン歴約15年。比嘉久美子さん、藤村歩さん、金元寿子さんを愛しています。オーディオ歴、クルマ歴も同じくらいです。

 そんな管理人の生態は、Twitter(@mikasuky)にて詳しくご覧いただけます。

 ブログの更新は、主に平日に行っています。気ままに運営していますので、温かく見守っていただけると嬉しいです。

ブログ記事検索

最近のコメント

Powered by Movable Type 5.2.7