eye.jpg

2006年5月の記事一覧

 ――と同時に、ほっちゃんが参加している(というか、結成した)Aice5の『Believe My Love/友情物語』も、初登場7位を獲得し、6月5日付のオリコンシングル週間ランキングにて、そろってTOP10入りを果たしました。

 おめでとうございます!


 順位も凄いのですが、売り上げもまた然りで、『ヒカリ』が約2.9万枚、『Believe My Love/友情物語』が約2.5万枚と、かなりの好セールスを記録。

 正直、これほどの動きがあるとは、まったくもって予想していませんでした(失礼)。


 ちなみに、『2ちゃんねる』の「声優CD売上雑談・予想スレ60」によりますと、ALI PROJECT の『亡國覚醒カタルシス』が9位、島みやえい子さんの『ひぐらしのなく頃に』が18位にランクイン。

 『涼宮ハルヒの憂鬱』のEDテーマ『ハレ晴レユカイ』が20位、FictionJunction YUUKA の『Silly-Go-Round』が34位、平野 綾さんの『冒険でしょでしょ?』が36位と、ここは粘りをみせております。

 さらには、中原麻衣さんと清水愛さんの『秘密ドールズ』が42位、『吉永さん家のガーゴイル』OPテーマ『オハヨウ』が46位にランクインということで、TOP50圏内は大賑わい。

 ここまでくると、『CDTV』を観る目的が根底から覆ってしまいそうな、そんな予感すら脳裏を過ぎります(ぉぃ)。


 ――この流れ、止めずに突っ走っていきたいですね。


『ORICON STYLE』 (出版社公式サイト)
『2ちゃんねる』 (大規模掲示板サイト)
「声優CD売上雑談・予想スレ60」


Amazonアソシエイト


女子高生様がみてる

 ごきげんよう、お姉さま。


 ――てか、同級生でしょう、あなたたちは(笑)。


 それはそれとして、薔薇……じゃなくて、菊の色と声優さんをちゃんと合わせてきたのは、さすがというか。

 キャラも演技も、まるで違うんですけどね(笑)。


 そんな、『女子高生 GIRL'S-HIGH』第8話、アバンタイトルの感想でした。

 それでは、ごきげんよう。


『女子高生 GIRL'S-HIGH』 (アニメ公式サイト)

今週の『CDTV』を斬る

 ――といっても、そんな大げさな記事ではないわけですが。


 2週目に突入した、今週のオリコンシングル週間ランキングでも、脱落することなく粘りを見せた『ハルヒ』のEDとFJYの新曲。

 果たして、『CDTV』での扱いはどうだろうか、などと思いながら、番組を観てみました。


 結果は、言わずもがな。

 FictionJunction YUUKA の『Silly-Go-Round』はオリコンの25位から30位へ、平野 綾さん・茅原実里さん・後藤邑子さんの三人が歌う『ハレ晴レユカイ』は13位から17位へと、それぞれランクダウンしての登場。

 ちなみに、『ハルヒ』のOPテーマである、平野 綾さんの『冒険でしょでしょ?』も、同様に27位から34位へランクダウンしておりました。


 ただし、FJYに関しては、PVを約12秒間、しかも2コーラス目を流してくれるという、『CDTV』の2週目の紹介にしては良い扱いだったので、そこは評価できるかな、と。

 そうは言っても、そもそもそれが「普通」なのであって、アニメ関連楽曲もランキングに入れるのならば、やはり差別なく放送していただきたいものです。


 来週は、今日ご紹介したラインナップの他にも、堀江由衣さんの新曲『ヒカリ』が加わるなど、さらに賑やかなランキングとなりそうですね。

 最悪、PVの放映時間で差別されることがなければよいのですが、う~む……。


『CDTV』 (番組公式サイト)
『ORICON STYLE』 (出版社公式サイト)

『RSSアイコン2.0』を設置しました

 サイドバーの右下に表示されておりました、「このブログのフィードを取得」という文字。

 バナーやカウンターが画像で表示されているということもあり、少々気になっていたのですが、この際、その部分もアイコンに置き換えてしまおう、と唐突に思い立ち、『RSSアイコン2.0』をお借りして設置いたしました。


 文字がアイコンに変わったことで、グッとシンプルな表示になった上、オレンジがアクセントになって、フィードが見付けやすくなったかな、と。

 それと、説明ページが加わったことで、よりその意味がわかりやすくなったかな、と思っておりますが、いかがでしょうか。


 説明ページに関しましては、「再利用していただくことも可能」という記載がありましたので、どうせならこのブログ内で完結させたいなぁ、という思いもあり、カスタマイズして設置してみました。

 もし、何かお気づきの点がございましたら、遠慮なくご指摘いただけましたら幸いです。


 今後も、皆様に快適にご利用いただけるよう、随時改良を加えていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。


『RSSアイコン2.0』 (ツール公式サイト)

『秘密ドールズ』PVレビュー編

 アニメ『ストロベリー・パニック』のエンディングをご覧の皆様には待望の、中原麻衣さんと清水愛さんによる、実写PV収録DVD付きマキシシングル『秘密ドールズ』が、ついに発売になりました!


 で、真っ先にチェックしたのは、もちろん……音質だったのですが(笑)、当然、間髪入れずにPVもチェック。

 TVサイズのPVでは、いかにも続きがありそうな終わり方だっただけに、本当のところはどうなのか、気になって気になって仕方がなかったのですよ。


 ――で。

 肝心のPVの中身はといいますと――。


 ……!


 何度繰り返してみても、どんなにスロー再生してみても、間違いなくご本人たちが、本気で唇を重ねております。

 本当にありがとうございました。


 テレビのEDを観ている段階では、完全に「お二人がスルーして抱き合って終了」、ってな展開だろうと思っていたのですよ。

 なので、肝心のキスシーンの前に、既に抱き合っているお二人が映し出された瞬間、私の妄想は呆気なく打ち砕かれたのでした。


 そんなシーンの後、麻衣さんの唇と愛さんの唇が、何のためらいもなく重なって、そして――。


 画になるお二人だからこそ許される、とでも言いましょうか。

 もちろん、狙っての演出でしょうが、女性同士の口付けでありながら、PVの中の1シーンとして成立しうる、それだけの美しさを持っている映像であるということも、ここで付け加えておかねばならないでしょう。

 単純に「キスしてる」PVというだけでなく、それが映像として見事に成り立っている作品として、一見の価値があると思います。


 そんな、『秘密ドールズ』。

 あなたのお手元にも、ぜひ、いかがですか?


『Lantis』 (レーベル公式サイト)


Amazonアソシエイト

 オリコン初登場5位を獲得した、『涼宮ハルヒの憂鬱』のEDテーマ、『ハレ晴レユカイ』ですが、『CDTV』のランキングでも、しっかり5位をキープしましたね。

 アニメ関連楽曲のランキング操作が常の番組ですから、多少は順位を落とされることも覚悟していたのですが、そんなこともなく安心いたしました。


 そして、今回の収穫は、何といっても、あのEDのダンスをしっかり流してくれたことでしょう。

 さすがに、こればっかりはちょっと難しいんじゃないか、と思っていただけに、嬉しい誤算でした。


 反面、FictionJunction YUUKA の『Silly-Go-Round』に関しては、オリコンの12位から16位へと、4ランクダウンということで、「やはり」といった感じですね。

 せめてもの救いは、PVの流れた時間が、他のアーティストと差別されることなく、きちんと確保されていたことでしょうか。

 とはいえ、相変わらずの待遇には、やや不満が残りました。


 さてさて、オリコンのデイリーチャートの推移を見ると、どちらも来週もTOP50圏内に留まりそうですので、次週の放送も気になるところ。

 最低でも、今週並みに扱ってくれればよいのですが、どうなりますやら――。


『CDTV』 (番組公式サイト)
『ORICON STYLE』 (出版社公式サイト)


Amazonアソシエイト


『ニンテンドーDS Lite』ついに購入

 『New スーパーマリオブラザーズ』がやりたくて――というか、さかのぼれば、声優さんたちの間で『nintendogs』が大流行していた時から欲しかったのですが――、ついに(ようやく?)『ニンテンドーDS Lite』を購入いたしました。


 「手に入りやすくなってきた」という話を同僚たちから聞いてはいたものの、やはり心配だったので、『マリオ』発売前の今から探しておこうと、一念発起。

 捜索は難航を極めるかと思いきや、最初の一軒目であっさり発見、購入したのでした。


 DS本体と、前々から欲しかった『nintendogs』の柴犬ヴァージョン、それと、定番の『脳トレ』を握り締め、意気揚々と帰宅。

 そして、さっそく『nintendogs』をプレイ――。


 うーっ、面白い……んだけど、独りDSに喋りかけているその姿は、あまりにも滑稽な気がしてなりませぬ。

 それに、最初から単純作業の繰り返しで、疲労感が倍増するように感じるのですが……。

 まぁ、ある程度はしかたないのかもしれませんけれども、もうちょっと声に対する感度が上がればなぁ、とは思いました。


 あと、これは蛇足ですが、もうひとつ気になっていた『大合奏!バンドブラザーズ』は、残念ながら店頭には在庫がなかったので、諦めて後日入手することにして、引き上げてまいりました。


 柴犬と過ごす毎日が楽しみであると同時に、時間とお金の今後がますます心配になる、計画性のない私なのでした。

 ご利用は計画的に、であります(反省)。


『ニンテンドーDS』 (ハード公式サイト)
『New スーパーマリオブラザーズ』 (ゲーム公式サイト)
『nintendogs』 (ゲーム公式サイト)


Amazonアソシエイト





 今期のビクター、ひと味違う――。


 先日のPVフル視聴に続き、今度はメイキング映像をも公開してしまうという、「攻め」の姿勢を崩さない FictionJunction YUUKA。

 今回公開されたその映像は、実に19分以上もある大ボリュームなものでした。


 従来、特典DVDなどのために温存しておくことの多かった、PVやメイキングの映像を、ここまで惜しみなくネット上で無料で公開してしまうのですから、恐れ入ります。

 逆に、あまりの太っ腹ぶりに、これらの映像がDVD化されないんじゃないか、という不安がつきまとってしまうのは、私だけでしょうか……(汗)。


 メイキングが公開になったのにあわせて、YUUKAさんがブログにコメントを書き込んでいらっしゃいます。

 ホント、最近は雨が降るか降らないかという、微妙な天気が続いておりますが、「Silly-Go-Round」でそんな天気を「晴れ模様」にしてしまいましょう♪


 ぐるぐる、ぐるぐる――。

 今日もまた、「Silly-Go-Round」がヘビーローテーションな、そんな一日でしたとさ。


『FictionJunction YUUKA』 (FictionJunction YUUKA公式サイト)


Amazonアソシエイト

 情報ソースは、『ぬるヲタが斬る』さん。


 それによりますと、夏には新刊『マリア様がみてる 仮面のアクトレス』の他にも、「イラスト満載のスペシャル文庫」が発売になる模様。

 スペシャル文庫に関しては、どんな内容が収録されるのかわかりませんが(もちろん、イラスト満載なのは間違いないでしょうけれど)、新刊に関しては、瞳子の話題が中心になりそうですね。


 今度こそ、瞳子に何があったのか、そして、そのことが祐巳との関係にどんな影響を与えているのか、そこまでは明らかにして欲しいものです。

 でないと、まったく進展のないまま、今年が終わってしまいかねませんし……。


 そんな懸念を払拭するような、中身のギュッと詰まった作品に仕上がっていることを、今から願わずにはいられないのでした。


『Webコバルト』 (出版社公式サイト)
『ぬるヲタが斬る』 / 西尾西男さん
「マリみて、夏に新刊『マリア様がみてる 仮面のアクトレス』とスペシャル文庫を発売」

『Silly-Go-Round』オリコン初登場12位!

 先日お伝えした速報では、惜しくもTOP10入りを逃した FictionJunction YUUKA の『Silly-Go-Round』ですが、5月22日付のオリコンシングル週間ランキングによりますと、約1.6万枚を売り上げ、初登場12位という結果に。


 TOP10入りまで、あと0.1万枚というところまで追い上げたものの、今一歩力及ばず。

 収録楽曲が2曲とも本当に素晴らしい出来で、もっと上位を狙える実力を秘めているだけに、この結果は残念でなりません。


 ともあれ、FJYの楽曲は息の長いものが多いですし、これから時間をかけてでも、売れ続けてくれるのではないでしょうか。

 ぜひ、このFJYの真骨頂を、じっくりと味わって欲しいものです。


 『ハレ晴レユカイ』、『Silly-Go-Round』両陣営の結果が発表されましたので、私のこのランキング特集は、ひとまず幕を下ろすことといたしましょう。


 とりあえず、今日までお疲れ様でした。

 そして、これからも頑張って下さいね!


『ORICON STYLE』 (出版社公式サイト)


Amazonアソシエイト

このページの先頭へ

プロフィール

管理人:みかずき

 声優ファン歴約15年。比嘉久美子さん、藤村歩さん、金元寿子さんを愛しています。オーディオ歴、クルマ歴も同じくらいです。

 そんな管理人の生態は、Twitter(@mikasuky)にて詳しくご覧いただけます。

 ブログの更新は、主に平日に行っています。気ままに運営していますので、温かく見守っていただけると嬉しいです。

ブログ記事検索

最近のコメント

Powered by Movable Type 5.2.7