eye.jpg

2004年10月の記事一覧

『CDTV』を見てて、あれれ?

 今週の『CDTV』、「TOP100全曲紹介」ということもあって、結構秋のアニメ新番組の主題歌がランクインしてましたね。

 私が見た限りで、何かしらアニメか声優が絡んでいた曲をざっと挙げてみますと、下記の11曲ほどありました。


・100位 『KIZUNA~絆』 / 彩音
 今回初めて聴きました。が、短すぎてどんな曲か掴めず……。

・97位 『Trinity』 / P・K・O(鳥海浩輔・鈴木千尋・サエキトモ)
 いつの間にかこんなユニット組んでたんですね。こちらも短すぎて掴めず……。

・95位 『七つの海の物語 ~Pearls of Mermaid~』 / 中田あすみ、寺門仁美、浅野まゆみ
 C/Wの「Beautiful Wish」は名曲。にしても、寺門さんの名前が「仁天」って(汗)。

・90位 『はばたく未来』 / eufonius
 それなりに売れるとは思っていたので、妥当な順位といったところでしょうか。

・65位 『innocent starter』 / 水樹奈々
 いい曲なので、まだまだ粘って欲しいところ。頑張って。

・60位 『想いを奏でて』 / savage genius
 印象的なメロディーは結構気に入っています。もうちょっと売れてもよかったかな。

・56位 『眼鏡をはずす夜』 / 忍足侑士
 『テニプリ』のキャラソンはどの曲も売れてますよね。

・48位 『禁じられた遊び』 / ALI PROJECT
 あのメロディーにこのコード進行で曲として成立させてしまうセンスはさすが。

・44位 『Little Wish~lyrical step~』 / 田村ゆかり
 『なのは』の主題歌はOP、EDとダブルでランクイン。『なのは』効果絶大ですね。

・24位 『暁の車』 / FictionJunction YUUKA
 挿入歌でさえここまで高ランクを維持してしまうんだから「凄い」の一言です。

・18位 『HIT IN THE USA』 / BEAT CRUSADERS
 メジャーデビュー前から話題のバンドだったようで。確かに気になる曲ではあります。


【 番外編 】

・31位 『マツケンサンバII』 / 松平 健
 ほぼ毎週このあたりにランクインし続けてます。ジェネオンさんもご満悦でしょう。

・6位 『渡良瀬橋』 / 松浦亜弥
 森高千里さんの原曲も持っていますが、アレンジは原曲のほうが好みです。


 ――と、ここまで見てきて「あれ?」と思いませんでしたか?


 『Neko Mimi Mode』がない。


 『CDTV』では抹殺ですか? 完全排除ですか? それとも――。

 とまでは思いませんでしたが、何故にランクに入れてもらえなかったのでしょう。

 私個人としては、「アノ手」のジャンルはどうにも受け入れがたいものがありますが、ちゃんとオリコンチャートでもランクインしていたのに、どうしちゃったんでしょうね。

 ま、あんまり深く考えることではないですけども。


 来週もアニメ主題歌が50位以内に入りそうなラインナップですね。

 最近は『CDTV』の楽しみ方がビミョーにズレてきている私なのでした。


『CDTV PowerWeb!』 (番組公式サイト)


参考:Amazonアソシエイト

『学園アリス』

 『マリア様がみてる』の小学生バージョン!?

 ――というのが、私の第一印象(笑)。


 ヒロインの佐倉蜜柑、髪の色といい、ツインテールといい、百面相といい、「今井蛍ラブ」な感じといい、演じているのが植田佳奈さんな点といい、私にはすべてが「プチ福沢祐巳」のオーラをひしひしとかもし出しているようにしか思えません(笑)。

 ついでに言ってしまうと、 蛍がどことなく祥子とキャラがかぶっているように思いますし、学園ものアニメですし、さらには、ストリングスのBGMもどことなく雰囲気が――。

 そう思ってしまうのは、私が『マリア様~』中毒だからに他なりませんが。


 さて。

 この『学園アリス』、ストーリーとギャグの展開が超ウルトラ高速回転。次々にギャグが飛び出し、ついていくのにかなりパワーを使いました。

 とは言うものの、一応ちゃんと話の流れは掴めましたし、何といっても真裏の『ぴちぴちピッチ』よりもブッ飛んだ脚本には大爆笑でした(笑)。


 これから年末までの土曜日、毎週朝からハイテンションでいけそうです。


『学園アリス』 (アニメ公式サイト)
『NHKオンライン』 (放送局公式サイト)

最後の恋文

 真裏では『学園アリス』の放送がスタートしますが、優先順位としては、放送時間が早いこちらが先。


 というわけで、『マーメイドメロディー ぴちぴちピッチ ピュア』、第31話。

 タイトルが「最後の恋文」という切ないものだったので、どんな展開になるのか、ちょっとドキドキしながら視聴。

 あ、ちなみに私は『ぴちぴちピッチ』では波音が一番好きです。

 ……って、そんなことはどうでもいいんですけども(笑)。


 意外や意外、ううん、波音の性格ならむしろ自然な流れでしょうか。

 人の心って、やっぱり遠くの星より近くの団子(なんじゃそりゃ)により強く刺激されるものですよね。現実世界でも多々あることです。


 本当に予想外だったのは、一番最後のシーン。

 波音と渚って、いつの間にそこまでの関係になってたんでしょう。

 べ、別に焼きもち焼いてるわけじゃないですよ、ホントですってば(爆)。


 先週はリナ、今週が波音、そして次週はるちあの番ですね。

 予告からすると、海斗が記憶を取り戻すって感じですが――。


 さてさて、どうなりますことやら。


『テレビ愛知』 (放送局公式サイト)

何気なく聴いた「鳥の詩」

 昔、「『AIR』の音楽、すごくいいよ」と友人に言われたような、言われなかったような、そんなことすら忘れかけていました。

 その時は、「所詮は18禁ゲーム」なんて思ったに違いありません。


 それが、つい先日、ふとテレビCMで流れた曲に耳を奪われました。

 その曲が『AIR』のヴォーカル曲「鳥の詩」だと知ったのが、今日。


 近頃は「I'veサウンド」をよく耳にしているせいでしょうか、自然と耳が吸い込まれていくようなサウンドに魅了され、「鳥の詩」が収録されているサントラを探しに出かけました。

 でも、品切れで――。


 時間もなかったので、後日取り寄せをお願いしようと思います。


 今更ですが、「鳥の詩」、いい曲ですね。


『Key Official HomePage』 (メーカー公式サイト)


参考:Amazonアソシエイト

お誕生日

 比嘉久美子さん、お誕生日おめでとうございます!


 最近、あちこちでお声を聴くことができて、ファンとしてはうれしい限りでございます。

 お体に気をつけて、お仕事頑張ってくださいね。


『81produce』 (所属事務所公式サイト)

ビバ、『BECK』の斎藤さん

 『BECK』の第4話、「Strum the guitar」。


 斎藤、44歳、独身。

 最高にいい味出してます!


 このアニメ、斎藤さんなしでは語れませんね。

 どことなくこのアニメの中では浮いた存在でありながら、かなり重要な役回りを演じるという、肝になるキャラ。

 左手の指が「マシン」の様に高速で規則的に動くけれど、部屋の中は典型的な独身オジサンをイメージさせるし、普段はちょっとダメそうな人だけど、水泳になると別人――。


 なんて書いてたら、自分でも余計わからないキャラクター像になってしまいましたが(笑)。

 とにかく、ホント素敵で謎な44歳独身男性です。


 しっかし、「『ギブソン』のまがい物で、『ティブソン』って実際ありそうだよなぁ」と思ったので検索してみたところ、虚無零さんのサイト『Democratic Site』の2004年10月9日の記事に、「ティブソン」の経緯が記載されていました。

 ちなみに、同記事では――

■『BECK MONGORIAN CHOP SQUAD』を観る人のためのロック講座「楽器編」その1「ギター」

 ――と題して、『BECK』に登場するギターが詳しく紹介されています。

 引用させていただこうかとも思いましたが、下手に知ったかぶるのも嫌なので、興味のある方は虚無零さんのサイト『Democratic Site』を直接ご覧下さいませ。


 ……やっぱりギターで最初につまづくのは、みんな「F」のコードなのかな。


『Democratic Site』 / 虚無零さん
『BECK』 (アニメ公式サイト)

「Beautiful Wish」はやっぱり素晴らしい

 10月9日10月19日と、度々こちらで紹介している「Beautiful Wish」。

 マキシシングル『七つの海の物語 ~Pearls of Mermaid~』が発売されて以来、一度この曲を聴いてしまうと、大抵三回以上リピートして聴き入ってしまいます。

 ちなみに、「Beautiful Wish」は上記マキシシングルのカップリング曲です。


 以前も書きましたが、単にアニメの挿入歌として片付けてしまうのはもったいない、偏見を捨てて、ぜひ純粋に「音楽」として聴いていただきたい、素敵な曲です。

 ジャケットが『ぴちぴちピッチ』なので躊躇ってしまうかもしれませんが、試聴して気に入った方には、ぜひともフルコーラス聴いて欲しい曲です。

 2コーラス目からさらに盛り上がるアレンジですので、聴きごたえ十分です。


 バラードの曲をここまで繰り返し聴きたくなったのは本当に久しぶりなので、ちょっと宣伝に熱が入りすぎていますが(汗)。

 「Beautiful Wish」最高です♪


『PONY CANYON』 (レーベル公式サイト)
『テレビ愛知』 (放送局公式サイト)


参考:Amazonアソシエイト

『FAFNER in the azure -NO WHERE-』

 さて、本日2本目の新曲レビューでございますが、こちら、アニメ『蒼穹のファフナー』のBGM&ドラマアルバム、『FAFNER in the azure -NO WHERE-』のご紹介です。

 ちなみに、サントラ目当てだったのでドラマはまだ聴いておりません。


 やはりオーケストラによる壮大な演奏にはグッとくるものがあります。

 アニメのBGMとして何気なく聴き流していた楽曲が大半でしたが、改めて楽曲単体で聴くと、作曲者のこだわりなども感じられました。

 まだざっと一度通しで聴いただけなのでうまい言葉が見つかりませんが、この音楽が目指している方向はかなり上を向いているように思います。

 普段あまりクラシックを聴かない方でもオーケストラの醍醐味を感じられる、それでいて、いい意味で「アニメ音楽」していない、そんな印象です。


 音質は、ちょっと評価が難しいところですが、まあこんなものかな、と。

 せっかくのワルシャワフィルの演奏。もう少し空間的な広がりがあればもっと盛り上がると思うのですが……。

 そこはちょっと残念でした。


 サントラとドラマCDの抱き合わせですが、価格が\3,300ということで『ファフナー』ファンの方には大変お買い得な設定かと思います。

 が、個人的には「無理矢理買わされている」感が強く、後味悪し……。

 単価が多少高くても、単品での販売もしていただければ嬉しいんですけどねぇ。


『StarChild』 (レーベル公式サイト)
『蒼穹のファフナー』 (アニメ公式サイト)


参考:Amazonアソシエイト

『スクランブル』

 やってまいりました、新曲レビューのお時間です。

 今回採りあげますのは、アニメ『スクールランブル』のOPテーマでお馴染みであります、堀江由衣 with UNSCANDALの「スクランブル」。


 グルグル回る、グルグル回る、グルグル回る、グルグル回る――。


 アニメのTVサイズを聴き慣れてしまったせいでしょうか、どうもBメロが間延びして聴こえてしまうんですよね。

 移調するタイミングも、TVサイズのほうがスムーズというか。

 ま、これらは単純に「慣れ」の問題だと思いますけれども。


 今回は、楽曲そのものをUNSCANDALの皆さんが手がけているということもあって、今までの堀江由衣さんとは一味違います。

 純粋に「ほっちゃんファン」の方にとっては、自分の体内に異物が入ってきたような違和感を感じるかもしれません。

 しかし、楽曲自体ノリが良く、男性コーラスも必要十分にとどめられ、印象的な詩と相まって、頭の中を「グルグル回る」楽しさがあります。

 アニメの映像を知っていると、より「グルグル回る」感がアップしますよ(笑)。


 ところで、今回はDVD付きの限定盤がリリースされるということで、\600くらいの差であれば、と思い限定盤を購入いたしました。

 PV云々の前に、やはりDVDのほうがCDより音がいいですね。ひとまわり大きな空間で演奏されているような、そんな感じです。

 こだわり派の方には、絶対に限定盤をオススメいたします。


 PVですが、こちらは今までの堀江由衣さんらしさが感じられました。

 ラジオでご本人がおっしゃっていたように、最後は「夢だった」という落ち。

 特に音と映像がぶつかるようなところもなく、いい感じに仕上がっています。


 音質ですが、キングレコードさんの中でも比較的音の質が高い(と思っている)堀江由衣さんの伝統を受け継いでいまして、ヴォーカルがしっかりと前へ出て、それでいて声に張りはなく、そのバックでしっかりと楽器が奏でられています。


 しかしまぁ、何度も聴いていると頭から離れない、「洗脳ソング」な一品ですな。


『StarChild』 (レーベル公式サイト)
『スクールランブル』 (アニメ公式サイト)


参考:Amazonアソシエイト


『まるなび?』初ゲスト

 この番組にこれ以上コーナーが増えたら成立しないんじゃないか、というくらいテンポの緩やかな『まるなび?』にゲストコーナーが。


 記念すべき第1回は、下川みくにさん。

 屋外での録音、今回だけでもすごく寒そうでしたが、これから真冬になっても屋外なんでしょうか……。


 ゲストコーナーのおかげ(?)もあって、3週続けて「七つの海の物語」が流れていた新曲紹介、今回は下川さんの新曲「KOHAKU」が流れました。

 さすがに4週間『ぴちぴちピッチ』で引っ張るつもりはなかったみたいです。


 この『まるなび?』、BGMの選曲が絶妙で笑いを誘います。

 スタッフさん、なかなかよいセンスをお持ちのようで素敵です。


『PONY CANYON STYLE まるなび?』 (ラジオ公式サイト)

このページの先頭へ

プロフィール

管理人:みかずき

 声優ファン歴約15年。比嘉久美子さん、藤村歩さん、金元寿子さんを愛しています。オーディオ歴、クルマ歴も同じくらいです。

 そんな管理人の生態は、Twitter(@mikasuky)にて詳しくご覧いただけます。

 ブログの更新は、主に平日に行っています。気ままに運営していますので、温かく見守っていただけると嬉しいです。

ブログ記事検索

最近のコメント

Powered by Movable Type 5.2.7