eye.jpg

2004年8月の記事一覧

『Shangri-La』

 え~、なんといいますか、影響されまくり。


 確かに、『蒼穹のファフナー』にはやられましたよ、えぇ。

 でも、一番やられたのは、実はエンディングだったんです。


 そう、「Separation」のピアノヴァージョン。

 ……反則ですよ、あれは。


 で、主題歌マキシシングルを買ってしまったわけです。

 テレビで聴いたときより派手じゃないような気もしますが、思っていたよりは音質も悪くなく、まぁ満足してます。

 若干高域よりな音質、私はあまり好みではないですけどね。


 ともかく。

 「Separation」、あの話の後に聴くとますますいいですね。

 angelaのみなさんのサウンドには、知らず知らずのうちに引き込まれていって、最終的にはCDが手元にってパターンが多いです。

 ピアノヴァージョンが収録されるのを楽しみにしていますよ~。


 ところで、マキシシングルのケース、使いにくくないですか?

 いっつも思うんですけどね、アルバムと同じケースにして欲しいです。

 わざわざ裏返してCDをケースに収納するのって、人間の動きとして不自然じゃないですか? CD逆さまに入れるプレーヤーなら別ですけど。

 その点、8月12日の記事で紹介したKOTOKOさんのマキシシングルは、アルバムと同じケースを使っているので、取り扱いが楽でいいです。

 スペースやコストの効率も大事ですけど、消費者にとっての扱いやすさも少しは考えていただけたらなぁと思うのですが、いかがですかレコード会社さん。


 ――私の「ファフナー現象」、いつまで続くことやら。


『angela official web site』 (angela公式サイト)
『StarChild』 (レーベル公式サイト)
『蒼穹のファフナー』 (アニメ公式サイト)


参考:Amazonアソシエイト

チェリーブロッサム

 『マリア様がみてる~春~』の第7話。


 率直な意見として、まだ原作の小説を読んでいない私にとっては、今回はとてもよかったと思います。

 各所の表現の仕方や、間のとり方、話の進むスピードなど、観ていて非常に落ち着けましたし、強烈な次回予告など結構印象に残る話だったかな、と。

 続けて原作を読みたかったのですが、まだ話が途中だということで、次回の放送を観てから読んでみたいと思います。


 原作を読んだ方の感想などもちらっと聞いたのですが、私とは評価が分かれてしまったので、原作を読むとまた感じ方が変わる可能性は大ですが、今のところの私の評価はかなり高いです。


 日曜日が待ち遠しい一週間が、また始まってしまいました。


『マリア様がみてる』 (アニメ公式サイト)

『蒼穹のファフナー』

 白状すると、今までは惰性で観てました。

 なんとなく感情移入もできないまま、戦闘シーンが続いているって感じだったから。


 でも今回は違った。

 私の中では確実に。

 このタイミングで散っていくキャラが出るとは思っていなかった。


 あまりにも突然の死。


 最愛の人を突然亡くされた方の気持ちなんて、私には到底わかることなんてできないだろうけれど、でも今回の話を観て、私はちょっとだけわかったような気がした。

 素直に泣けた。


 次回からも観続けよう、そう思った。


『蒼穹のファフナー』 (アニメ公式サイト)

『覚えてていいよ』

 遅ればせながら、KOTOKOさんのファーストマキシシングル、『覚えてていいよ/DuDiDuWa*lalala』を購入しました。

 本当ならば10日にフライングゲットできるはずだったのに、予約しておいたお店の諸々の事情で購入できなくなり、しかたなくキャンセルして違うところで買うはめに。

 そんなわけで、出遅れてしまったのでした。


 さて、普通に感想なんぞを書きたいと思いまする。

 まず、「覚えてていいよ」。

 CMなどで聴いてはいたのですが、これは素晴らしい!

 ハイスピードのまま駆け抜けていく爽快感が最高!

 Bメロとサビとの間をきっちり区切りサビを生かしつつ、バスドラの絶妙なリズムでスピード感を殺さずにサビへと続くアレンジは見事。

 エンディングでは余韻を残しつつフェードアウトしていくなど、各所のアレンジも申し分ありません。

 音質もぬかりはなく、大音量で聴いてしまいました。

 欲を言えば、ヴォーカルがもっと前へ出てきてほしいかな、とも思うのですが、このレベルなら満足できます。

 季節的にもぴったりの一曲、この夏のイチオシです!!


 続いて、「DuDiDuWa*lalala」。

 メインテーマは、ヨハン・シュトラウスII世の「美しく青きドナウ」をちょっと変えたメロディーなので、親しみやすい感じです。

 「どこかで聴いたことあるメロディーだな」と思った方も多いことでしょう。

 また、『魔法少女隊アルス』のエンディング曲ということで、その世界観にマッチしたアレンジもなかなか好感がもてますね。

 これらはプラス点。

 ただ、前半と後半で曲のイメージがバラバラに思えてしまうという点と、「KOTOKOらしさ」という点ではマイナス点かな、と。

 曲の後半だけ妙に浮いた印象なのと、「KOTOKOっぽくない」曲調は、好き嫌いが分かれるのではないでしょうか。

 私はどちらかというと否定的な意見なのですが。みなさんはどんな印象を持ちましたか?


 明日は明日の風が吹きます。

 今できることを、精一杯やりましょう。


『RONDO ROBE』 (レーベル公式サイト)
『魔法少女隊アルス』 (アニメ公式サイト)


参考:Amazonアソシエイト

 今日も『マリア様が見てる』のDVDを観る。

 今日は第2巻。


 第4話あたりもけっこう覚えていないもので、ちょっと新鮮な感じで観ました。

 アニメだとちょっと駆け足で飛ばし過ぎかな、というのが小説を読んだ後の正直な感想だったのですが、第1巻よりはゆっくりしていてリラックスしながら観られたと思います。


 相変わらず「マリア様にはないしょ。」が面白い。

 「結婚してください」なんて、想像できなくはないけど、実際映像にされると結構笑えますね(笑)。


 あぁ、早く続きを観てしまいたい……。


『マリア様がみてる』 (アニメ公式サイト)


参考:Amazonアソシエイト

「マリア様にはないしょ。」

 勢いあまって。

 『マリア様がみてる』のDVDを購入してしまった。

 しかも、「コレクターズエディション」を第1巻から。


 それは昨日のことなんだけれど。

 実際に開封したのは今日。

 「一日一巻」と決めて、観る事にした。

 なんでこう、自分で「しばり」を作るのが好きなんだろう、とも思うが、そういう性格なのだからしかたがない、と諦める。


 で、本題。

 1巻を観ました。

 さすがに1話などは忘れていたので、はじめて観るような気持ちで観られました。

 気になったのは、オープニングで「ぷつっ」というノイズがやたら目立ったこと。

 TV放映時もノイズのってましたっけ?


 あと、「コレクターズエディション」だからしかたがないといえばしかたがないのですが、DVDのディスクが扱いにくいかな、と。

 普通のケースより気をつかいます。


 ともあれ、初回特典映像の「マリア様にはないしょ。」には、かなり笑わせてもらいました。

 これはこれで愉快でよいです。

 それに、新作映像が特典だと、お得な気分になりますしね。

 まだ観ていない方は是非ご覧あれ!


 今日も私の周りは平和に過ぎていきそうです。


『マリア様がみてる』 (アニメ公式サイト)


参考:Amazonアソシエイト

片手だけつないで

 ごきげんよう。

 今日は待ちに待った日曜日。『マリア様がみてる~春~』の放送日である。


 番組が始まった7月以来、日曜の朝は早起きだ。

 7時25分にはテレビを12チャンネルに合わせ、正座をし、番組開始を清らかな心にて待ちわびる。

 そんな朝。

 ……ちょっと言い過ぎの部分もあるけど。


 さて、先週はリリアンの卒業式で、薔薇さまがたは卒業されたわけですが、実質的には今回が薔薇さまがたとのお別れになるわけです。

 聖と志摩子の出会いを描いた今回。

 アニメを見た後で原作の小説を読み、またアニメを見返してみました。

 アニメのほうでは、本題の前後に追加されたシーンがあり、より卒業を意識させる内容になっていたように感じました。


 次週はいよいよ新一年生が入学してくるんですね。

 今後の展開もますます楽しみです。

 というか、毎週日曜は『マリア様がみてる』ブログになってしまう勢いだな、これじゃ。


 ところで。

 『マリア様がみてる』の略称って「マリみて」なんですよね。それが、どうにも私にはしっくりこなくて。

 なんというか、『FINAL FANTASY』を「F.F.」ではなく「ファイファン」と略すような感じ、といえばいいでしょうか。

 とにかくしっくりこないんですよね。なんでだろう……。

 そんな私は、『マリア様がみてる』のことをこう略しています。


 「マリア様」。


 これをご覧の大多数の方々、それこそ「ファイファン」だろう、とつっこみたい気持ちはわかります。

 でも。

 やっぱりしっくりこない私は、こう略しているんです。

 変なところが意地っ張りというか、頑固というか。ただの我がまま者なだけかもしれませんね、私。

 でも、いずれ順応できるようになったら、その時は堂々と「マリみて」と略したいと思います。


 そういえば、昨日の野球の結果。引き分けだったそうですね。

 何事も最後までわからないもんです。


『マリア様がみてる』 (アニメ公式サイト)

野球中継延長のすえに

 「時刻はなんと23時10分でございます。アニスパップー!」


 21時ちょっと過ぎ、誰がこの時間を想像しただろうか。

 よもや23時をも越えてしまうなんて……。


 私が野球中継から目を離した、ほんの15分の間、たったそれだけの時間だったが、その間の出来事によって、事は大きく変化してしまった。

 そう。

 土壇場でホームランにより、試合は同点に。今日の野球はとんでもない長丁場になったのだった。


 毎週土曜の夜、私は『A&G 超 RADIO SHOW ~アニスパ!~』をかかさず聴いている。今日もいつもどおりのはずだった。

 でも。

 野球がかなり延長するだろうなぁ、と思っていたので、一応24:00までの録画予約をして、野球中継を見ていた。

 5対5の同点。

 延長戦は覚悟の上だ。

 そうなると、22時からはラジオの野球中継で試合の行く末を聴いていなくちゃと思っていた。

 『アニスパ!』は野球中継終了後に始まるから、あまり油断していると、始まったことに気がつかない可能性がある。

 しかし。

 22時にたまたまBSQRにチャンネルを合わせると……。


 ――パーソナリティーのお二人がフリートークをはじめた。


 ……しばし呆然。

 これっていいのか!?でも、すごく嬉しいゾ!

 野球延長の間、BSQRでは音楽が流されるのが常だった。

 だから、心の中で「せめてBSだけでもトークしてくれないかな」などと思っていたのだ。

 それが今日、現実となったのだから喜ばずにはいられない。しかも、CMなどの諸々を排除したまったくのフリートーク。


 最高だ。


 野球中継は、それ自体に対しては、特にこれといった感情はないのだけれど、その延長によってその後の番組が影響を受ける、ということに対しては、ちょっと嫌だった。

 『アニスパ!』も、通常21時~の2時間番組だけど、野球が延長すると短縮されたり、放送時間が変更されたりするし。

 だけど。

 こんなトークが聴けるなら、毎回23時まで試合を中継してくれてもいいかも、なんて思う自分が今ここに。

 人間、現金なものである。


 ところで。

 結局、野球はどんな結果になったんだろう?


『A&G 超 RADIO SHOW ~アニスパ!~』 (ラジオ公式サイト)

BSQR

 最近、よく聴いているのがBSQRのラジオ番組。

 BSデジタル放送なので、天候さえ悪くなければ快適に聴くことができるので、私は好き。


 今日も『ゆめりあ夢気分R-side』を拝聴。

 仲西環さん、声の調子が悪いようで。お大事に。

 でも、楽しかったですよ、いつもと違うテンション(笑)。

 明日の公開録音、私は行けませんが頑張ってください。


 今日も何ということもない一日。

 でも、何でもない一日っていうのもいいものです。


 明日も素敵な一日になりますように。


『BSQR』 (放送局公式サイト)
『ゆめりあ夢気分R-side』 (ラジオ公式サイト)

反動

 追いついたら追いついたで、今度は手持ち無沙汰。

 目標を達成してしまって、次の目標が見つからない感じ。

 これは自分の性格がいけないだけなのだと思うのですが――。


 『マリア様がみてる』をひたすら読みまくり、ひとまずアニメに追いついた。

 続きを読みたいのだが、アニメを先に見てから読もうと勝手に決めているので、読むに読めないのでした。

 なので、一応目標達成っていうわけなのですが、そうすると今度は手持ち無沙汰になってしまって。


 う~ん、次は何をしようかなぁ。

このページの先頭へ

プロフィール

管理人:みかずき

 声優ファン歴約15年。比嘉久美子さん、藤村歩さん、金元寿子さんを愛しています。オーディオ歴、クルマ歴も同じくらいです。

 そんな管理人の生態は、Twitter(@mikasuky)にて詳しくご覧いただけます。

 ブログの更新は、主に平日に行っています。気ままに運営していますので、温かく見守っていただけると嬉しいです。

ブログ記事検索

最近のコメント

Powered by Movable Type 5.2.7